Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneの小節の挿入・・insert measure・・・は、「無音を挿入」

Studio Oneでは、YAMAHAの昔のMIDIシーケンサーのinsert measure的なコマンドは「無音を挿入」になります。わかるような、わからんような、な名称ですね。

タイムルーラー上で挿入したいところを洗濯して、上のメニューの「編集」から「無音を挿入」を選びます。するとこのダイアログが出てきます。

この曲(?)では、1小節目が4/4ですが、2小節目から17/8拍子になります。(変拍子の使い方はこちら

このような状況の場合、2小節目の頭にカーソルを合わせて無音を挿入し、ダイヤろぐで小節を指定すると2小節目の頭に4/4が、また3小節目の頭で同様にすると17/8拍子が、1小節追加される、という仕組みのようです。

Studio One で小節を挿入する方法

でも、最も簡単に小節を挿入する方法は、全トラック選択>分割ツールで切ってずらす、かも。

でもまぁ、数字を入力して小節を挿入する、というやり方が、昔のハードウエアシーケンサーの感覚で、前時代的なのではないかな、とも思います。
普通の4拍子などで小説を挿入するのであれば、 ナイフの形の分割ツールを使い、コマンド(control)+Aで全トラックを選択した上で分割、後半をずらす、という方法も考えられるでしょう。これはケースバイケースだと思います。

Studio One で小節を挿入する方法

ただし、分割ツールでずらしただけだと、後半のマーカーの位置は追従してきてくれません!

小節を挿入する位置よりも後半にマーカーを設定していた場合、 分割ツールを使って「ずらして小節を作った」だけだと、マーカーまでずれてくれません。

やはり「編集」>「無音の挿入」を使ったらマーカーの位置も自動でそれ相当に移動してくれるので、便利だと言えるでしょう。うまく小節の挿入方法については、使い分けてくださいね。


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: