Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

Studio Oneの使い方---スクラッチパッド

Studio Oneのversion3から登場したスクラッチパッド、「こういう目的で使うものだ」ということは、はっきりとは言えないけど、実際使って見たら便利でした。

機能的には「スクラッチパッド」という名前の通りのもの、です。使い方は人それぞれ!まずは起動して適当にコピペしてみるべし。

今までだと、ソングの終わった後などで無理やり作ってやっていた、短縮バージョン(Bメロを省略するとか)、エンディングを変えたバージョン、あるいはRe-MIX的なもの、などを、簡単にここで試せる、といった内容で、まずは起動して使って見て、具体的な使い方は自分で考える、くらいで良いんじゃないかと思います。

起動はこのアイコンから

Studio One でスクラッチパッドのアイコン

このアイコンを押すとスクラッチパッドが起動します。
画面の右半分がスクラッチパッドです。

 

左側のソングからイベントをイベント単位でコピペして、編集が可能です。

 

右側のスクラッチパッド部は、一つのイベント(ピンク色のやつ)をコピーして、ペーストしたもの。オーディオトラックも、そのMIDIデータをコピペして、自動的にバウンスされたものです。

 

たった一つのイベントからも、スクラッチパッド上で(これが音楽的かどうかはともかく)バリエーション豊かなモノにできる、というのはお分りいただけるかと思います。

Studio One でスクラッチパッドの使い方

スクラッチパッドは複数作れる

Studio One でスクラッチパッドの使い方

スクラッチパッドアイコンの右側のメニューから、「スクラッチパッドの複製」や「スクラッチパッドの追加」で、いくつもスクラッチパッドの作成が可能になっています。

これは、テンポも含めた複数パターンの楽曲の編集を1ソング内で扱えるだけでなく、途中でリズムパターンだけを抜き出して再考する場合など、様々な用途で使えるということ。

私も「なんだかよくわからないなぁ」と使ってみるまで思っていましたが、これほど自由なツールは他にないかもしれません!

ぜひ、何はともあれ一度スクラッチパッドを起動して、コピーペーストして見て、色々試して、ご自分の使い方を見つけてください!

スクラッチパッドを再生しているときは、トランスポート部のカウンターが水色になります

通常のソング部を再生しているときはカウンターは白ですが

Studio One のカウンターの使い方

スクラッチパッドを再生している時には、水色になります。
まぁ、カーソルの移動が見られるので、これがなくてもどっちを使っているのかは、すぐわかるとは思うんですが、気分的にかっこいいですね。

Studio One でスクラッチパッド使用中は、カウンター部が水色なる

その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら