Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneでインストゥルメントトラックの演奏を、VST effectsを掛け録りしてバウンスする。「ステムをエクスポート」の便利な使い方。

インストゥルメントトラックをオーディオトラックに変換するのに、Studio Oneでは様々な方法があります。
1)右クリックからダイヤログで行い、オーディオトラックに変換(比較的詳細に設定可能)

2)単に、 VST instrumentsトラックをAudioトラックにドラッグ&ドロップする(簡単)

これ以外に、ステムの書き出しを使う方法もあります。これを使うと完全にMIDIトラックとリンクしないオーディオトラックができるので、場合によって使い分けています。

私の主な使い方は「複数トラックあってめんどくさい時」「MIDIの編集はもう打ち切りにしたい時」などです。

ステムとは、各トラックを頭を揃えてバラバラのオーディオデータに書き出したもの(デジタルなのでマスタークロックがなくても頭が揃ってれば基本的にずれない!)で、本来MIXDOWNを別のスタジオで行うのでエンジニアに渡すデータを作る場合や、Pro Toolsなどの別のDAWにデータを写してMIX DOWNする場合などに使いますが、Studio Oneでは、自分自身にインポートできます。Studio OneでMIDIの編集とMIXとを分けたい時にも使えます。

ステムの書き出し

Studio One の上のメニューから「ソング」の中の「ステムをエクスポート」を選びます。

Studio One でのステムの書き出し

ステムのエクスポートのダイヤログの設定

Studio One でのステムの書き出し

キモは丸で囲っているところで、右下の「オプション」から「トラックにインポート」にチェックを入れると(初期設定では、外れています)、エクスポートしたステムのデータを、Studio One本体にもインポートできます。

これを使って、VST instrumentsをVST effectsを掛け録りしながら、複数、任意のトラックをオーディオデータに変換し、しかも自動的にStudio One本体にインポートして、ミックスダウンの作業に進めます。便利ですね。

このように、Studio Oneでは、一つの目的であっても、複数の使い方ができるようになっているので、ユーザの今の使い方に合わせて、色々な選択肢があります。


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: