Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

Studio Oneのピアノロールエディタの使い方-2 音符の入力の段階でベロシティを決める

Studio Oneでは、ピアノロールエディタに音符を貼り付けるのと同時に、そのまま上下ドラッグで、そのベロシティを決められます。

ペイントツールでピアノロール上に必要な音符をクリックで置いたら、そのまま上下にドラッグ。

言葉で説明するほうがめんどくさいのですが、読むのがめんどくさい場合は下記の写真をご覧ください。

Studio One のピアノロールエディタでペイントツール(ペンの形)を選び、音符を置きたい場所をクリックし、そのまま上下にドラッグすることにより、音符の中のインジケーター見たいのが左右にふれ、右側に満タンになるとベロシティー最大に、左側に行くほどベロシティーが最小になります。

Studio One でオートメーションの切り替えのショートカット

ラフな感じで入力するには便利ですね。もし後からベロシティをまとめて変更したい場合はこちらも参照してください。


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら