Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio OneのVST instrumentsのマルチアウト・パラアウトの使い方(ミキサーの設定)

VST instrumentsによっては、マルチアウト(パラアウト?)に対応したものがあります。マルチティンバー(同時に色々な音を鳴らすことができる)で1代のVST instrumentsから色々な楽器を使っていると、当然ミキサーには出力チャンネル別に立ち上げたくなります。

用途としては、例えばヴァイオリンとビオラにそれぞれEQを設定したい場合や、ドラムキットでもスネアのみに風呂場のようなエコーをかけたい場合、などです。

ここではStudio One付属のドラムマシンVST instruments ,IMPACT のマルチアウト出力を、ミキサーに立ち上げる方法について説明します。いくら音源側で設定しても、ミキサーを立ち上げないと意味がありません。 なお、IMPACT側でのマルチアウトの設定については、「IMPACTでのマルチアウトの設定方法」をご覧ください。

まずは、ミキサー画面の左端のミキサーに表示する項目を選ぶところから、「インストゥルメンツ」をONにする。

日本語が表示されきれずに「インスト...」と余韻を残した表記になっていますが、「インストゥルメンツ」のことです。ここをクリックすると、現在起動しているVST instrumentsが表示されます。ちなみにここで青い丸をクリックするとON/OFFができます。一時的に使っていないVST instrumentsがあればOFFにしておくのも良いでしょう。

Studio One でVST instrumentsのマルチアウトをミキサーに立ち上げる設定

VST instrumentsの名前のあたりをクリックすると、パラアウトできる場合は開きます

です

Studio One でVST instrumentsのマルチアウトをミキサーに立ち上げる設定

そして、ミキサーに立ち上げたいCHにチェックを入れると、ミキサーにパラアウトが立ち上がります

です

Studio One でVST instrumentsのマルチアウトをミキサーに立ち上げる設定

なお、マルチアウトが立ち上がったトラックには自動的に色がついたりはしてくれません。ついてくれたらええのにな、と思いますが、そうは甘くはないようですね。ミキサーのチャンネルストッリップに色をつける方法はこちらをご覧ください。

 


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: