Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneのトラックの音の一部をWAVとして書き出す。SE、パーカッションのサンプルなどに。

Studio oneで録音したトラックの一部を、WAVとして書き出したい場合があります。VST instrumentsのサンプラーなどで使う場合や、SEやパーカッションのサンプルとして保存しておきたい場合に便利です。曲全体でMIX DOWNしてももちろんいいのですが、めんどくさいですよね。

なお、付属のVST instruments (Primeには付属してません)のドラムマシン、IMPACTには、直接パッドにドラッグ&ドロップでアサインできます。

アレンジエディタで波形をカットして、右側のフォルダにドラッグ&ドロップするだけ!

Studio One のアレンジエディタから、フォルダにドラッグ&ドロップするだけで、なんとWAVとして書き出せるのです!すげー。

Studio Oneのトラックの音の一部をWAVとして書き出す。SE、パーカッションのサンプルなどに。

このように、ちゃんとFinderを開いても保存されているのが確認できます。

Studio Oneのトラックの音の一部をWAVとして書き出す。SE、パーカッションのサンプルなどに。

その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: