Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneでモノラルのwavファイルを書き出す

基本的にwavファイルはステレオで扱うような仕様になってるStudio Oneですが、最終的に納品する形態次第では、「モノラルのwavファイル」が必要になってくるケースもあります。その方法を説明します。

トラック単位のモノラル/ステレオの変更

Studio Oneではトラック単位でモノラル/ステレオを、収録されているイベントがモノラルかステレオかを問わず、エフェクターの効果まで含めて変更できます。その扱いがまず本ページの前提になってきますので、「トラックをモノラル/ステレオに切り替える設定」を参考にしてください。

まず最終的に書き出すモノラルデータをモニターすべくミックスして仕上げる

Studio One のミキサー画面を呼び出し、メインのアウトプットをモノラルに切り替えて、音を仕上げていきます。

ただ、メインアウトプットの場合、モノラルにしても、モニターがモノラルになるだけで、実はステレオである、という扱いのようで、このまま書き出しても、モノラルになってくれません。この部分をバイパスして書き出される仕様担っているようです。

Studio Oneでモノラルのwavファイルを書き出す

一旦、ミックスダウンデータを書き出し、トラックにインポートする。

「ソング」>「ステムをエクスポート」から、書き出す設定をします。「メイン」のみ選択し、オプションの「トラックにインポート」にチェックを入れておきます。「モノラルトラックを維持」にチェックは不要ですが、入れておいても、マスタートラックだけは、ステレオとして書き出される仕様であることを確認できるかと思います。

Studio Oneでモノラルのwavファイルを書き出す

書き出された「ステレオのデータ」が、新しいトラックとして生成されるので、それをモノラルに切り替えます。

書き出されたステムは「トラックにインポート」にチェックが入っていると、新しいトラックとしてインポートされます。これを、モノラルに切り替えます。

Studio Oneでモノラルのwavファイルを書き出す

モノラルに切り替えた「ステレオにミックスダウンされたデータのトラック」のステムを書き出します。

個別のトラックがモノラルか、ステレオか、は、ステムの書き出しに影響します。(マスタートラックのようにバイパスされません)
ロケーションに書き出し先の場所(モノラルのデータが保存される場所)を選択し、「モノラルトラックを保持」にチェックが入ってることを確認の上、実行します。

Studio Oneでモノラルのwavファイルを書き出す

これでモノラルのWAVデータが書き出されたことが確認できました。

少しややこしかったですね。

・マスタートラックはモノラルのシミュレーションはできるが、どうやってもモノラルにならない

・個別のトラックは張り付いてるwavデータがステレオでも、トラックをモノラルに切り替えれば、モノラルとしてステムとして書き出しできる

これはそういう仕様なので、一旦ミックスダウンしたものを(自動的に)トラックに取り込んでから、そのトラックをモノラルにして、ステムを書き出す。という手順でいきましょう。

Studio Oneでモノラルのwavファイルを書き出す

ひょっとしたら、もっといい方法があるかもしれませんが、とりあえず。


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: