Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneで複数トラックをまとめて操作する-フォルダーにパックしてエフェクト処理し、VCAでボリュームのオートメーションを書く

複数トラックまとめての処理、ということで、1)Shift押しながら複数選択、2)グループ化、3)VCA制御 という3つの項目を説明しました。このページではさらにその統合、という話をしますので、それまでのページをご覧いただいてることを前提で話をします。

まずはフォルダーにまとめます。

トラックが多くなると脳が疲れてきます。ストリングスセクションを声部ごとに作った場合、ヴァイオリン12、ヴィオラ、チェロ、コントラバスなどをまとめてバランス取りたい、などは良くあります。

ここでは、「源」「屋久杉さん」という2つのオーディオトラック(MIDIの場合はオーディオトラックに変換してください)をまとめて「宿題ティーム」というフォルダを作成しグループ化し、セクションでまとめてエフェクト処理した後、全体のボリュームをVCAで制御する、という設定をして見ます。

Studio Oneで複数トラックをまとめて操作する-フォルダーにパックしてエフェクト処理し、VCAでボリュームのオートメーションを書く

Shiftを押しながら「源」と「屋久杉さん」を選択し、右クリックから「フォルダーにパック

まとめてフォルダーにしたいトラックをShiftを押しながら選択し、右クリックでメニューを出して、「フォルダーにパック」を押します。

Studio Oneで複数トラックをまとめて操作する-フォルダーにパックしてエフェクト処理し、VCAでボリュームのオートメーションを書く



このようにフォルダーにパックされました。フォルダーのアイコンをクリックするとフォルダーの中身が展開され、また押すと閉じるので、適宜使い分けましょう。

グループ化アイコンを押すとグループ化されますが、最終的にVCAでセクションのボリュームを制御するのでしたら、どっちでもいいと思います。

Studio Oneで複数トラックをまとめて操作する-フォルダーにパックしてエフェクト処理し、VCAでボリュームのオートメーションを書く

「なし」のところから、「パスチャンネルを追加」もしくは「VCAチャンネルを追加」を選べます。

ただ単にボリュームをまとめて制御する場合であれば、ここで「VCAチャンネルを追加」しても良いと思いますが、「宿題ティーム」というセクションにまとめてエフェクトをかけたいので、「パスチャンネルを追加」を選択します。

Studio Oneで複数トラックをまとめて操作する-フォルダーにパックしてエフェクト処理し、VCAでボリュームのオートメーションを書く

パスチャンネルに、エフェクトをドラッグ&ドロップでインサート

「源」「屋久杉さん」をまとめた「宿題ティーム」MIXに、まとめてエフェクトをかけます。ここではBitcrusherとFlangerをインサートしてみました。
さらにそのエフェクトをかけた「宿題ティーム」のボリュームをオートメーションで制御する「VCAチャンネル」を追加していきます。VCAについては、詳しくはVCAについてのページをご覧ください。右クリックで「VCAチャンネルを追加」か、もしくは黄色で囲ったところから接続することもできます。

Studio Oneで複数トラックをまとめて操作する-フォルダーにパックしてエフェクト処理し、VCAでボリュームのオートメーションを書く

 

これがフォルダー+VCAの最終形態です。セクション単位でのボリューム及びエフェクト処理がしやすいです。

この状態での信号の流れを説明すると、「源」と「屋久杉さん」はそのボリュームバランスを保ったままMIXされ、「宿題ティーム」としてまとめてBitCrusher及びFlangerがかかったものを、「宿題ティーム」のボリュームフェーダーで制御できます。

一方、「宿題ティーム」のフェーダーは、VCAにて自動制御されますから、VCAのオートメーションをかけることで、そのセクション全体のボリュームを制御できるのです。

Studio Oneで複数トラックをまとめて操作する-フォルダーにパックしてエフェクト処理し、VCAでボリュームのオートメーションを書く

その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: