Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

Studio Oneの設定-サウンドファイルを外付けSSD,HDDなどに移す

Studio One のサウンドファイル(IMPACTやPresenceのサウンドデータ)は、案外小さくて30G程度なのですが、SSDタイプのノートパソコンなどでは容量を圧迫して辛くなる場合がありますので、そういう時用の設定です。

場所を確認する・・・通常のStudio Oneインストーラーでインストールした場合

Macの場合は、下記のアドレスなどにインストゥルメンツのライブラリがインストールされます。

Studio One>環境設定>ロケーション>「サウンドセット」で、その場所を確認して、そこにあるSound Setsフォルダを、外付けのSSDやHDDなどに移動します。

Studio One のサウンドセットを移動する

追加を押して、移動させたファイルのロケーションを指定する

「追加」を押して、ファイルを移動させたロケーションを追加します。

Studio One のサウンドセットを移動する

 

適用を押して、スキャンする

「適用」を押すと、新しく追加したロケーションのサウンドセットをスキャンします。IMPACTやPresenseなどを立ち上げて、サウンドセットが読み込まれて正しく再生されるのを確認してください。

もしIMPACTなどからうまく読み込まれない場合は、Studio Oneを再起動して見ると、アクティベーションしていないライブラリなどがあれば表示されますので、指示に従ってください。

Studio One のサウンドセットを移動する

 


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら