Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneと入力用キーボードの接続方法

Studio One と入力用キーボードの接続方法です。USBなどに繋ぐタイプで、音源は内蔵していないもの対象です。音源を内蔵しているDX-7とかのシンセサイザーなどとの接続は、こちらをご覧ください。

Studio One>環境設定>外部デバイス

環境設定の「外部デバイス」を開き、追加を押します。
初期設定では空白になってると思います。下記で設定されてるパソコンのキーボードだけで入力できるQwertyキーボードの接続にはこちらをご覧ください。

Studio Oneと入力用USBキーボードの接続方法

入力用キーボードの設定用ダイアログが立ち上がります

ここでは、MIDI MANのmidisport 2 x 2と、CASIOのGZ-5を繋いでみたいと思います。

両方古い機材ですがなんか好きなんですよ。GZ-5はベロシティ6段階スイッチなのが貴重です。USB対応のものが出て欲しいのですが、なんせ古いのでMIDIでつながないといけません。(midisportは、ドライバ更新されてませんが最新のものでMac OS Sieraでも使えました)

Studio Oneと入力用USBキーボードの接続方法

「新規キーボード」を選びます。USBキーボードなどの入力用キーボードは全てこれで対応できます。

「製造元」と「デバイス名」は、自分がわかれば太郎でも花子でもいいです。MIDIチャンネルは、とりあえず「すべて」でもいいと思います。

受信元、と送信先がありますが、「新規キーボード」での送信先はStudioOneの場合何に使うのかまだわかりませんので、放置でいいでしょう。音源内蔵シンセサイザーの場合はこれで音が鳴りそうなんですが、鳴ってくれません(その辺についてはこちら

選ぶ必要があるのは、「受信元」です。これがKORG USB Driverとか、そういう名前になっていると思います。ドライバーはあらかじめメーカーのものをインストールする必要があるものと、そうでないものもあるので、その辺はUSBキーボードなどのマニュアルをご覧ください。

Studio Oneと入力用USBキーボードの接続方法

フィルターとは

アフタータッチ、プログラムチェンジ、ピッチベンド、コントローラーのそれぞれをフィルター(受信しなくする)ことができます。

ピッチベンドコントローラーは、フィルターONにしてしまうと、USBキーボードなどの本体のつまみをグリグリやっても反応しなくなるので、悲しいでしょう。
アフタータッチは鍵盤を押さえ込んだ時に情報を送信する仕組みですが、最近対応しているものが高級機しかありません。昔のシーケンサーで数値エディタで編集していた時はこれがあるとデータが多くて大変だったのですが、Studio Oneではどっちでもいいと思います。
プログラムチェンジは音色の切り替えをUSBキーボードから制御する、ということですが、音色切り替えボタンがあると、うっかり変わってしまって泣くことがあるので、キーボードにそういうボタンがある場合は、フィルターをかけておくと良いと思います。

OKを押すと完了です。

おしまい


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: