Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Roland(Edirol) UM-880,UM-550 Mac OS 用ドライバーがない問題について。(Yosemite,El Capitan,Sierra,High SIerra以降)

Roland UM-880は8in8outのUSB MIDI interfaceで、後継としてはこのような商品がありません。2001年の商品で、もうすぐ発売から20年(!!!)経とうとしているんですね!書いててびっくりしましたが、ドライバーの更新は、相当頑張ってくれていたのですが、最近はもう流石にアップデートがありません。

8in8outもMIDIがいるのか、ということですが、いる人はいります。Roland VR-09のドライバーも、鳴るんだけどなぜかノイズがオーディオから出てしまったりとかいう理由でMIDI接続する場合が私はあるからです。 後演奏用のパッチベイトしても便利だったり・・・というわけで、この捨てがたいワンアンドオンリーのUM-880(あるいはUM-550)、なんとかして使っていきたいのですよね!

UM-880,550の公式サポートはMac OS 10.6 Snow Leopardまで。

SnowLeopardの後、Lion,Mountain Lion, Mavericks,Yosemiteまでは私のMacではSnow Leopard用の公式のUM-880ドライバーで使えていました。
El Capitanは試してませんが、SierraにMac OSをアップデートすると、USBのランプが点かないようになったので、公式ドライバーのサポートしてはもうアウトなのかもしれません。

Roland UM-880 Mac OS 用ドライバーがない問題について。(Yosemite,El Capitan,Sierra,High SIerra以降)

そもそも、UM-880のドライバーとは

UM-880のドライバーは、「FPT技術を使用して高速なMIDI転送をすることができます。通常は、このモードをお使いになることをお勧めします」ということで、FPT=Fast Processing Technology of MIDI Transmissionらしいです。

よくわかりませんが、とにかくMIDIの転送速度が早いのだと思いますが、正直ピアノの演奏程度だとVSTの遅延の方が大きいし情報量も少ないので、私は「オオッ!すげぇぜっ!」と感じたことはありませんでした。主に、マルチティンバーで鳴らした時なんかに有用なんじゃないですかね。MIDIはシリアルですから、USBの帯域分、平行して流れてたりできたのかも。知りませんけどね。

というわけで、Genericのドライバーを使用しましょう!

ちゃんとこういう日が来るときのためにか、RolandはGeneric対応モードを用意してくれてました!

詳しくはUM-880,550マニュアルの49ページをごらんください!!

詳しくは公式ページからご覧いただくとして、ザクッと手順だけ説明しましょう。理屈は横に置いといて、この通りやっていただければ、最新のMac OSで(やwindowsでも??)おそらく、使えるようになるはずです。

まずUM-880,550をセットアップモードにします。 P.SAVEとUTILITYボタンを同時に押すと、両方のインジケーターが点灯、セットアップモードに入ったことを我々に教えてくれます。

Roland UM-880 Mac OS 用ドライバーがない問題について。(Yosemite,El Capitan,Sierra,High SIerra以降)

ほんなら、次のステップに行きましょう。
UM-550なら「INPUT 3」、UM-880なら「INPUT 5」を押します。理屈は考えなくていいでしょう。
FPT の「Edirolオリジナルモード」だとOutput 1にランプがついていますが、Genericにする場合はOutput 2を押します。

Roland UM-880 Mac OS 用ドライバーがない問題について。(Yosemite,El Capitan,Sierra,High SIerra以降)

Mac他もろもろを再起動してみてください。

これでいけるのですが、MacやStudio OneなどのDAWを再起動して見てください。Macからすると良いと思います。すると、USBのところにランプがつきましたね。

おまけ:その操作をするときに5or6にランプがついてるのは、なんだろう?

写真の?マークのところ、これはResumeモード、Non Resumeモードの切り替えのようで、若い番号の方が、UM-880.550を再起動したときに以前の設定を記憶しておくモード、初期設定がそうですが、これを切り替えると毎回りセットされるようです。なので、いじらない方がいいでしょう。UM-550の場合は、OUTPUTの4,5が光ってるみたいですね。


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: