PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方-4

IMPACTではパッドごとに音量などを設定できます。音量とPAN、フィルターのカットオフの主要なパラメータくらいなら簡単です。

IMPACTのパッドの音色ごとにシンセサイズや機能を設定する

IMPACTの右側に音色を作り込むパラメーターがあります。基本は、編集したいパッドをまず一度クリックしてから、右側のパラメーターをいじります。正直、わかりやすく直感的だとは言えません。私にはよくわからないものもあります。

IMPACT XTになって画面がよくなりました!

Studio Oneが4になって、IMPACT XTからはかなりインターフェイスや可能性が向上しました。エンベロープも、Loopを選べばADSRになります。

ただし、このページの画面は現在もユーザーが多いことから、Studio One 3付属のIMPACTです。

ピッチ PITCH(画面は"XT"ではありません。このサイトでは黄色がXT)

IMPACTのパッドごとの音程を決定します。Transposeが-12〜+12の半音ごとに調整、Tuneが微調整です。

エンベロープがA,H,D。全て時間です。Envがピッチの変化がかかる強さ。

他のシンセと一致せず、結構名称がややこしいですが、A,H,Dがエンベロープ、リリースタイムなどはなく、時間の絶対軸でかかります。
AがAttack,  HはEnv(envelope)の値が持続するHold Time、  Dがdecayでしょう。よくあるADSRと違い、Release(余韻)の設定はできません。あくまでも絶対時間軸で決めるようで、上にmsの数字が出ています。

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方

あとVelは、ベロシティに応じてピッチが変化するっぽいですが、色々やってみたものの、効果がいまいちわかりません。効果が出る設定があるのかもしれません。

 

フィルター(画面は"XT"ではありません。黄色がXT)

フィルターです、エンベロープのAHDについては、上記と同じなので割愛。
CutoffResoはフィルターをかける周波数と、レゾナンスで切れ目を持ち上げたような特徴付け。フィルターの種類はLo PASS, High Pass, Band Passそれぞれに-12dbと-24dbがあります。頭にAとDのあるものは何かわかりませんが、AnalogとDigitalのような気もします。とりあえず音は違います。IMPACTのマニュアル項目を読んでもわかりません。

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方

Ampエンベロープ、その他の設定セクション(画面は"XT"ではありません。このサイトでは黄色がXT)

フィルターやピッチはおそらくサンプルの微調整になると思うので、ここが主に影響するところでしょう。AHDエンベロープは上記と同様、PANは左右のPAN、ただしアウトプットのバスはこちら参照。Gainは音量の調整、Veloはベロシティ(鍵盤の強弱)に対する反応レベルを。

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方

以下、IMPACTのマニュアルに記載の見つからない項目、読んでも意味のわからないものもあるので、推定を含みます。

Strech Factor・・・よくわかりませんが、数字を大きくするとサンプルが短くなります。

Choke・・・ハイハットのように、Open Closeなどで、グループのうちどれか一つを鳴らす場合に使用します。1〜4のグループが選べます。もっと必要ならば、IMPACTをもう一台起動しましょう。

Triger 1st,2nd・・・PADを鳴らす2つのキーを選べます。1つはMIDIキーボード用、もう1つはドラムパッド用のキーをアサインする、とかで使えます。

・Play Mode・・・AHDのDが長い(初期設定)と、結局全部鳴っちゃいます。

One Shot Poly/Mono:押すとサンプルの最後まで鳴りっぱなしに鳴ります。シンバルがわかりやすいと思いますが、Polyは余韻を残したまま次叩くシンバルをトリガーできるけど、Monoだと、その次に同じシンバルを叩くと前叩いた余韻が消えます。

Toggle:よくわかりませんが音が出なくなります。

Note ON/OFF:押してる間だけサンプルが再生されます。AHDの、Hを最大にして、Dを最小にすると、ゲッゲッゲッゲッゲッツワイとかができます。

その他のこのセクションの設定

Sync・・・オートクゥオンタイズ的なものかな?トリガーのノートONが、設定したクゥオンタイズ値に近いタイミングで鳴るっぽいです。 どういう風に使うんでしょうか?パッド単位でクゥオンタイズをかけたい、などかな???
LayerMode・・・IMPACTでは1つのパッドにつき、最大3つのサンプルが鳴らせられます。これもマニュアルには記載がありませんが、Velocityはベロシティーでサンプルの切り替え、Round Robinは3つのサンプルを順繰りで再生、Randomは3つをランダムに再生、します。

IMPACT XTの画面はこんな感じです!

Studio One 4付属のIMPACT XTでは、ちょっとわかりにくかったIMPACTよりも、さらに使いやすくなっています。画面はこういう感じですが、使い方は似ていますので、とりあえずそのうちまとめてページを更新します。エンベロープはLoopを選択した場合はADSRのおなじみのものになります。 パネルのカラーも7色から選択できます

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方

IMPACT XTの使い方-詳細、目次

各ページの中で使用している写真はパネルの色がグレーがIMPACT、イエローがIMPACT XTです。

IMPACT XTと合わせて使うと強力な機能!

ご存知なければご確認ください!!ドラムループからノートONのタイミングをMIDIにする方法


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: