PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT XT」の使い方-5

ここではIMPACTのパッドのベロシティ(強弱)によって、複数の音色サンプルをスイッチする方法について書いています。

IMPACTのPADへ複数の音色をアサインしてベロシティで切り替える。

IMPACTのPADへは、複数の音色をアサインできます。例えばスネアを強、中、弱と3つのサンプルをレイヤーする、などですね。
取説では3つまで、となってますが、やってみたらもっといけました。XTのプリセットには最初から6つくらいアサインされてたりしますから、十分だと思います。

ドラッグ&ドロップするときに、IMPACTは「Shift」を、IMPACTはCommand(win:control)を押しながら!

ドラッグ&ドロップは、アレンジエディタからでも、右側のブラウザからでも構いませんが、とにかくPADにアサインするのためにIMPACTのPADに向かってドラッグ&ドロップする際、ついでにIMPACTの場合はShiftキーを、IMPACT XTの場合はCommand(win:control)を押しっぱなしにすれば、「ADD SAMPLE」という表示が出て、PADにサンプルを追加できます。
※Shiftキーを押しながらのドラッグは、IMPACT XTでは「オーディオループを自動でスライスしてPADにアサイン」という機能が実装されたので、Command(win:control)になりました。

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方

ベロシティでの切り替えは、波形エディタ?の上に出てくるバーを操作します。

とりあえず5つのサンプルをADDしてみました。上のバーに注目、5つありますよね。4が、今選択しているレイヤーのWAVE、ベロシティの左側から弱く、右に行くほど強いです。境目を摘めばベロシティの境界線を変更でき、4をつまんで2〜3の間や、1〜2の間にドラッグすれば、レイヤーの順序を入れ替えることができます。

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方

まだ不明点が多いので、判明したらいずれ追記します。

マニュアルにもほとんど書かれてなくて、わからないのですよ〜。


IMPACT XTの使い方-詳細、目次

各ページの中で使用している写真はパネルの色がグレーがIMPACT、イエローがIMPACT XTです。

IMPACT XTと合わせて使うと強力な機能!

ご存知なければご確認ください!!ドラムループからノートONのタイミングをMIDIにする方法

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: