Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

Studio Oneに付属のエフェクト、MIXtoolの使い方-逆相にしたり、MS処理したり、DC Offsetしたり

波形のプラスマイナスが反対になってることを逆相と言います。マイクの位置や距離などによって波形が ずれたり、裏表の関係だったら逆になったりします。正確に逆相 の波形同士をぶつけ合うと、音が鳴りません。

Mixtoolは色々便利。全トラックに立ち上げておいてもいいかもしれません。

Studio One のミキサーの機能拡張といってもいいかもしれないこのエフェクト、Mixtoolは、とりあえず全チャンネルに刺しておいても便利かもしれません。複数チャンネルに同じエフェクトを刺す方法はこちらをご覧ください。

Studio Oneに付属のエフェクト、MIXtoolの使い方-逆相にしたり、MS処理したり、DC Offsetしたり

Gain

これ何気に便利かもしれません。一つの方法ですけど、各トラックのボリュームのオートメーションを書いた後で、このトラックのボリュームを全体で+3dbあげたい、などというのに便利です。

最初からトラックのボリュームはオートメーション用で、Mixtoolでバランスをとる、というふうに作る方法もあるんじゃないかと思います。

Block DC Offset

録音が良くない場合に、波形のプラスマイナスのゼロの位置がずれている場合があります、それを除去します。

位相invert

invert Left invert rightで、左右それぞれの位相を逆にします。

左右を入れ替える Swap Channels

左右を入れ替えます。

MS処理に変換する

LchからM・・・Mid,中央の音(左右で共通する波形)とRchからS・・・Sideサイドの音(共通しない信号をRを逆相にして一つにまとめる)を出力します。また、MS録音をしたWAVを入力した場合、LRにデコードします。

使い方的に、センターとサイドのバランスを別処理して音を仕上げたい時や、MS録音されたものをLRに変換したい時、などかと思います。

 


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら