Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneの使い方-マスターボリューム(メインボリューム)のオートメーションを書いて、曲自体をフェードインやフェードアウトさせる

マスターパス、メインの出力、メインチャンネルのボリュームのオートメーションを書いて、曲自体をフェードインやフェードアウトさせる方法です。

曲の最後をフェードアウトさせるのに、全トラックフェードアウトを書いたりするのはめんどくさいです。トラック数が少なければ、バスでまとめてそれにオートメーションを書いたり(マスターボリュームと同じ方法でできます)、グループ化したりVCAでコントロールしたり と、色々 方法はありますが、めんどくさくないのは、マスターボリュームにオートメーションを書いてしまうことです。

バスのフェーダー、あるいはマスターフェーダーのつまみの上で右クリック、「ボリュームオートメーションを編集」

Studio One のミキサー画面を呼び出し、ポイントは、フェーダーのつまみの上で右クリック(や長押し)、「ボリュームオートメーションを編集」を実行します。複数トラックをまとめたバスフェーダーの場合も同様です。

Studio One でオートメーションをマスターボリュームにかけてフェードアウトする

「メイン」という名前がマスターフェーダー、メインのフェーダーの名前のオートメーションです。

すると、このように「メイン」という名前のオートメーショントラックが誕生します。

Studio One でオートメーションをマスターボリュームにかけてフェードアウトする

オートメーションのモードについて

リード、ライト、タッチ、ラッチの違いについてはここちらの「Studio Oneのオートメーションの使い方-1 オートメーションのモードの選択」参照


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: