Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio OneのFat Channel XTのアドオン、 Fat Channel VT1EQ,Fat Channel VT1 Comp,Fat Channel RC500EQ,Fat Channel RC500 Compをダウンロードする

Studio One付属のチャンネルストリップに、RC-500のモデリング、 VT1はハイエンドのバーチャル真空管モデリングの特性を追加するモジュールです。Studio One Professional,Studio One Artistのユーザーに無償で提供されています。

基本的な使い方については、Fat Channel XTの使い方をご覧ください。このページはアドオンの追加の仕方です。

1. My Presonousにログイン

My Presonous のページからログインし、赤丸の通りに操作していきます。「Myプロダクト」>「アドオン」。

インストールはパッケージになってるようで、一つでいいっぽいです。

Fat Channel VT1 EQ,VT1 Comp,RC500 EQ,RC500 Compがバラバラになってますけど、まとめて一つでいいみたいです。

Fat Channel VT1 EQ,VT1 Comp,RC500 EQ,RC500 Compをインストールして使う

2. Studio One for Windows or Mac を選択してダウンロード

Presonousのミキサー、Studio Liveシリーズ用のアドオンも用意されてるみたいで、ちょっとだけややこしいです。StudioLive Rack Mixer及びConsole Mixer用のは無視してください。"Studio One"と書かれているものを選んで、WindowsかMacのどちらかをダウンロードします。

Fat Channel VT1 EQ,VT1 Comp,RC500 EQ,RC500 Compをインストールして使う

3. ダウンロードしたインストーラをインストールします。

ライセンスファイルもダウンロードして見たんですけど、オンラインで認証できるのなら、必要ないようです。ということで、FatChannel Pluginsだけのダウンロードで良いようです。

Fat Channel VT1 EQ,VT1 Comp,RC500 EQ,RC500 Compをインストールして使う

4. アクティベートします。

もしオフラインの認証が必要でしたら、さっきのライセンスファイルをここにドラッグするとかしたら良さそうですね。

"Fat Channel VT1 EQ"

Studio Oneを再起動します。

これで"Fat Channel VT1 EQ""Fat Channel VT1 Comp""Fat Channel RC500 EQ""Fat Channel RC 500 Comp"のインストールは全て完了です。

Fat Channel XT のアドオン、VT1EQ,VT1Comp,RC500EQ,RC500Compを呼び出して使う方法

普通にFatChannelを起動します。CompressorやEqualizerの右の▼をクリックすると、RC500やVT1が選択できるようになっています。

基本となってるFat Channel XTも素直で音の良いものですので、まずはFat Channel XTを全チャンネルにインサートして、トラックごとに必要に応じてコンプレッサーの機種を切り替えていく、といった使い方も素敵です。Studio One 標準のEQはクセはないけど味が薄いので私はWavesのSSLのものを使ってましたが、これからはこれらにリプレースして行く場合もありそうですよ。

Fat Channel VT1 EQ,VT1 Comp,RC500 EQ,RC500 Compをインストールして使う

その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: