Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

アレンジエディタ及びミキサーのトラックにメモをつける(ver4〜)

Studio One 4からの新機能です。アレンジエディタのトラックの横にメモをつけることができるようになりました。

アレンジエディタ左上のスパナマークをクリック!

アレンジエディタ左上のスパナマークをクリックし、エディタの設定の画面を呼び出します。「可視性」から「トラックのノートを表示」、にチェックを入れます。「ノート」が音符なのかメモなのかわかりづらいですが、これはメモの意味のようです。

Studio One 4の新機能、アレンジアディタにメモを表示。

アレンジエディタの左側にメモ欄が登場します。ダブルクリックで書き込みできます。

Studio One 4には、こうした地味だけど便利な機能が充実しています。
具体的には、飯食った後で編集する課題をメモっておいたり、単に「要検討」「OK」とかでもいいし、色々できると思います。

Studio One 4の新機能、アレンジアディタにメモを表示。

ミキサー画面にもメモを表示できます。

同様に、ミキサーのトラックの下部にもメモを表示させることができます。こちらももちろんStudio One 4〜対応の新機能です。
ミキサー画面の左端の、同じくスパナマークから設定、「チャンネルのノートを表示」します。

Studio One 4の新機能、ミキサーのチャンネルにメモを表示。

このようにメモが表示されました。

「ノート」って単語が音符とちょっと混乱しますね。メモの内容は先ほどのトラックのものとシンクロしているようです。IMPACT XTとかのパラアウトのチャンネルなんかはもちろん別になって来ますが。

Studio One 4の新機能、ミキサーのチャンネルにメモを表示。

その他Studio One 4〜の新機能もご確認ください。


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: