Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One でRewireの設定をする。

Studio One と他のRewire対応アプリケーションを同期させます。昔だとMTRとシーケンサーを同期させているような感じです。

ReasonなどはStudio One側からRewireされた音源を鳴らせますが、Sibeliusやnotionの内蔵音源は鳴らせません。 しかし、NotionからStudio OneのVST instrumentsは鳴らせます。

この設定をする前に、まずスレーブ側のRewireをONにしておいてください。

Sibeliusの場合は初期設定でON担っていますが、Notionの場合は環境設定からONにする必要があります。

Rewireは必ずマスター→スレーブという順に立ち上げます。

Rewireはアプリケーションを立ち上げる順番も大事です。ここではStudio Oneと連携して使いやすいNotionの場合で説明します。が、Notionが立ち上がっていない状態でStudio Oneを立ち上げ、instrumentsから「Rewire」、その中にRewire対応のアプリケーションがあるので、「Notion」をトラックにinstrumentsを立ち上げるのと同様で、ドラッグ&ドロップで起動します。

Studio One でRewireの設定をする

Instrumentsウインドウの中にRewireされたアプリケーションの呼び出しくん(?)が立ち上がります。

インストゥルメントの中にRewireされたアプリケーションの窓??ができます。NotionからStudio OneのVST instrumentsを起動させる場合は、「マルチMIDI出力」にチェックを入れておいてください。この場合の「出力」とはNotionからの出力です。

Studio One でRewireの設定をする

この窓から、「アプリケーションを開く」をクリックして、起動させます。

マスターとなるStudio Oneが先でNotion(など)のRewireのスレーブを後から起動させると、自動的に同期が完了し、2つのアプリケーションが同時再生されるようになります。


その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: