PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One Professional と Studio One Artistを切り替える

普通はあんまりしないと思うんですが、artistからprofessionalにアップグレードした時や、ハードウエアを購入したらArtistが付いてきた、といった場合は、同一アプリケーション内で同一バージョンであれば、ProfessionalとArtistを切り替えすることができます。基本的にProfessionalの方がArtistの上位互換なのでArtisitに切り替える必要はないと思いますが、お友達などに使い方教えたりする場合や、私のようにStudio Oneの使い方ブログを書く場合はいいかもしれませんね。 インストゥルメントやエフェクトの「お気に入り」も自動的にシンクロナイズするんで、使用感としては、Artistにするとコードトラックがなくなる、とか各種制限がかかるだけでメリットはないです。

使ってみたら結構Artistで十分じゃん、とか思ってしまいますが。

上のメニューの「Studio One」>「Studio One アクティベーション」を開きます。

ここでシリアルナンバーを登録してください。Professionalの後でArtistを登録すると、Artistの起動になって焦りますが、Professionalのシリアルナンバーを入れる(これ、忘れがちなのでやってない場合があります!!!)と、両方が選択可能になります。

Studio Oneアクティベーション

両方登録していれば、「既存のプロダクトキーを表示」が表示されます。

プロダクトキーのところの下向き矢印をクリックすると「既存のプロダクトキー」というのが出てきます。

Studio Oneアクティベーション

このようにグレードが選択できるようになります。ただ、Studio Oneのすごいところで、Professinalが機能が多いからといってArtistより軽いなどということはないので、基本的には使い分ける必要はないでしょう。 初回起動時は色々アクティベートが出てくるので、メリットはありません。Professionalを持っていたらProfessionalを使う、が基本です。

Studio Oneアクティベーション

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: