PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One Prime (version 4)のプラグインについて

Studio One

Studio One Prime は無料で使用できるDAWです。PreSonusのハードウエアを購入すると付属してくるArtistに比べても制限がありますが、トラック数は無制限ですし、一昔前のハードディスクレコーディングやMIDIシーケンサーなどのシステムと比べると、高い音楽制作の可能性 を持っています。

詳しい比較表はこちら

PreSonusの公式の比較表はこちらをご覧ください。

プラグインはStudio One Primeをインストール後、自動的にインストールするダイアグラムが出てきます。

Studio One Primeをダウンロードしてインストール、起動すると最初の起動時には、次の画面が出てきます。時期によっては他のプラグインがバンドルされていることもあります。

Studio One Artistの波形編集画面

Studio One Prime 付属のVST instruments

これがStudio One Primeで開いたVST instrumentsのリストです。

Studio One の場合はインストゥルメントトラックを作るのは簡単で、ここから使いたいインストゥルメントを選んで、真ん中の広場にドラッグ&ドロップするだけです!

Studio One Artist付属のVST instruments

Presence XT

Studio One Artist付属のVST instruments

PCMシンセサイザーみたいなもので、ピアノやギター、ストリングス、ブラスなどを収録しています。Studio One Primeには付属しているサウンドは全てではありませんが、しかし基本は押さえられています。 ベース一つとってもTB-303からムーグ系、DX-7のベースや、エレクトリックベース、ウッドベースなど、豊富な音色がありますので、無料でここまで使えれば万歳だと思います!

Studio One Prime 付属のVST effects

Studio One Prime 付属のVST effectsです。

2018年9月現在、別のプラグインも付属しているようですが、ここでは確実に付属しているPreSonus純正のエフェクトを紹介します。

次の画面はStudio One Primeの画面です。

Studio One Prime付属のVST effects

付属のVST effects解説

 


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: