PreSonus Studio OneNotion の使い方メモ〜PreSonus Notion 譜面作成ソフトTIPS〜

音符の符尾の向きを変える

オタマジャクシの尻尾(符尾 )の向きを変える方法です。

ダラダラ音符を貼り付けていくと、次のようになりました。

Notionで符尾を変更する

選択して右クリック>音符>上むきの符尾/下向きの符尾

矢印のカーソルなどで選択し、右クリックからのメニューで「上むきの符尾/下向きの符尾」を選択します。

Notionで符尾を変更する

このように下向きになりました。でも、このままだと符尾が繋がっている単位での上下運動になります。

Notionで符尾を変更する

連桁(符尾のつながり)をいじる「連桁ツール(れんこうツール)」(shift+B)

レンコウツール、「連行ツール」だと警察の道具ですが、ここでは「連桁ツール」となります。

音符の中にあるアイコンです。「音符間をクリックして連桁を追加/削除」とありますので、その通りです。

Notionで符尾を変更する

マウスカーソルのアイコンが「連桁 」という文字そのものに なるので、切りたいところ、繋げたいところでクリックすると、連結/解除が自由に行えます。

Notionで符尾を変更する

つながっている単位で、符尾を上下できます。

連桁の単位で、上下ができますので、必要に応じて分割していくと、このような譜面が作れます。 読みにくいですね。

Notionで符尾を変更する

符尾をデフォルトに戻すには?

右クリックから「デフォルトの向き」に戻しましょう。

Notionで符尾を変更する

その他のPreSonus Notionの使い方メモはこちら
Studio One の使い方もご覧ください。