PreSonus Studio OneStudio One 4 の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

日本一詳しい! Studio One の使い方メモ-目次

Studio One の使い方-タイトル画面

使い方項目別目次

Studio Oneの使い方 サイト内検索↓

 Studio One の使い方ページの内容が膨大になって来ましたので、こちらからのサイト内検索がおすすめです:

Studio one、すげぇぜ!

DAWは今まで色々使って来ましたが、音質の良さにびっくりしてStudio Oneに、おそらく発売直後に乗り変えました。

メリットとしては、音質と、ワンウィンドウ&ドラッグ&ドロップでの操作性の良さとスピーディさで、何より音を聞いた瞬間、余生の伴侶は「君に決めた!」と、Cu○aseを箱ごと捨てました(そこまでせんでもよかったナ・・・)。ワンウインドウについては、画面がウインドウだらけになっていた各DAWも後からStudio One を追従して来ていますが、根本的な基本設計がStudio Oneはそうなので、いまだにダントツだと思います。

自分がStudio Oneを使う上で困った点をメモしていくことで、皆様のStudio Oneライフのお役に立てれば良いかと思い、このページを立ち上げました。仕事の空き時間にツラツラ書いているうちに、まだ全ての機能をカバーするには遠いですが、日本一Studio One の使い方について詳しいページなってしまいました。

なお、私が今まで使ってきたことのあるMIDIシーケンサーは記憶にある限りでは、ハードウエアではKAWAI Q-80,Q-80EX,YAMAHA QY700、PCの時代になってからは、レコンポーザー、ballade、Singer Song Writer、Cakewalk、SONAR、XG Works、Vision、Pro Tools、Nuendo、Cubase・・・かな?もっとあるかもしれませんが、私にとってはStudio One が音も綺麗で画面も綺麗で最高なので、今はこれ1本(と譜面用アドオンと言えるNotion)を使ってます。

現在のバージョンはStudio One 4です。

Studio One version 4 から、アイコンが白になりました。

PreSonus製品をお使いの方は、MI7マイページに登録しよう!

Studio One 4 新機能まとめ・個人的なレビューはこちら

Studio One 4.5 の新機能はこちら

なお、Studio One には、Professional, PreSonusハードウエアに付属しているArtist,無料のPrimeの3つのグレードがあります。Artistについてはこのページの機能とほとんど共通していますが、搭載していない機能もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

更新情報をtwitterに投稿することがあります

このwebサイトは平成30年1月3日作成開始、最終更新は令和元年年6月6日です。

最新の更新情報については、次のtwitterに気が向いたらアップします。

基本的に、畑仕事の忙しい春と、海で遊ぶのに忙しい夏は更新が少ないです。

雨が降ったら更新頻度が上がります。

Studio One使い方メモ・トップページhttps://t.co/vszN2dbNDk#studio_one #presonous #StudioOne

— studio one の使い方メモ (@studio_one_memo) 2018年2月13日


PreSonus製品をお使いの方は、MI7マイページに登録しよう!

Studio One の使い方

Studio One の初心者向けコンテンツ〜はじめての方は、とりあえずこの手順で一曲作ってみてください〜

Studio Oneのインストール方法と、一曲、とても簡単か曲の作り方をチュートリアル的にまとめたページです。すぐできるチュートリアルなので、はじめての方は、この手順で一曲wavデータのミックスダウンまで行ってみてください。

Studio Oneの設定に関する使い方

Studio One マニュアル関連(日本語ゲットだぜ&Studio Oneから直接開く)

Studio Oneでのファイルの管理・書き出し・エクスポートなどに関する使い方

譜面の書き出し(Notionが必要です)

ビデオファイルの読み込み

アレンジエディター画面全般に関する使い方

コードトラック

Studio OneのMIDI編集に関する使い方

Studio Oneのオーディオ波形編集機能の使い方

Studio One のコンソール(ミキサー画面)関連の使い方

Ver 4.5がリリースになってから、画面などが変更になったり、さらに簡単な方法ができている場合がありますが、更新大変なので、ご了承ください。

コンソールの詳細設定解説

環境設定(win:オプション)>詳細>コンソール のパラメーター解説。

Studio One のエフェクト関連の使い方

知ってたら便利だったのに!Studio Oneのショートカット全部ご存知ですか?(ドラッグ&ドロップ技含む)

VST pluginsの使い方・汎用・その他

ビデオ・動画

Studio Oneに付属のVST plugins の使い方

付属のVST instrumentsの使い方

付属のVST effectssの使い方(Prime,Artistなど、Professional以外のバージョンは付属は公式サイトで確認してください)

Studio One トラブルシュート大特集!

Studio Oneでマスタリング(プロジェクト)

Studio One のマスタリング画面は直感的でわかりやすいので、あまり説明しなくてもいいと思うのですが、FAQ的に記載開始します。

Studio Oneに関連するDTM機材メモ





Studio Oneの使い方サイトについて

筆者の駒野秀樹はハードウエアシーケンサーの時代から色々使ってきたり、DAW売ったり曲とかCDとか作って飯食ったりしてました。今は大阪南部でプー太郎をしながら、Studio Oneが不満もありつつ愛用しています。(後述:version4.1でテンポトラックのカーブが書けるようになったことで、もう不満はほとんどないっすね。)
このサイトは筆者の趣味のバンド、「うんこバンド」のサイトのコンテンツです。Sudio Oneで作成しています。いろんな実験もやっていきたいので、その際、自分も「え!?どうやるんだこれ?」と迷った、Studio Oneの使い方や設定をメモがわりにシェアしていこうと思ってます・・・と書いてからもうすぐ1年。おそらく日本一Studio One に詳しいサイトになってしまったかもしれません!?

夢は・・・・このサイトのアフェリエイト収入でがっぽり稼いで、あったかいバリ島でのんびり暮らしたいっすね。

 

Studio Oneの好きな点(このブログを開始した、version 3時点の投稿)

まず何より音がいい!!発売直後のプレビューで速攻当時使っていたNuendo/Cubaseから乗り換えたんですが、モニタースピーカーが一回り大きいものになったような感慨でした。(注意:Cubaseもまた最近は音変わっているとは思いますが。CakeWalk SonorやProToolsなどのDAWもバージョンで音変わるし。とにかく当時はStudio Oneがダントツで音良かった)
そして、1ウインドウで全て編集できる点!当時は新しく、「これがタブレット時代を見据えた未来のDAWか!!」と思ったものです。当時のCubaseは、ウインドウがワシャワシャ立ち上がって、難儀していました。

あと、軽い。動作が機敏。アプリケーション本体のサイズも驚くべき軽量化の権化です。また、CDのマスタリング機能があり、ソングデータとの連携も抜群でした。当時はまだ仕事でCDを作ることもあったので、大変助かりました。現在はバージョンアップでDDPの「読み込み」にまで対応したようで、さらにパワーアップしてきているようです。
ぶっちゃけ、その4点です。他の編集機能はCubaseの方が、少なくともversion 1の当時は優れていましたが、ほとんどリアルタイム入力しかしないし、どっちにしても昔のハードウエアのシーケンサーよりも圧倒的に便利なことは間違いないので、とにかく音が良いのが良かったのです。なおキーボードショートカットはCubaseのものを使えます。

・・・と、当初は操作面で不満もあったのですが、度重なるバージョンアップや、そして今まで想像もつかなかった編集能力をどんどん身につけて来たStudio Oneは、もうすっかりお気に入りです。不満もありますが。

とにかく何より、音が良いのに勝るものなし!!(動作が軽いのが2番)

Studio One 4のレビュー:MIDI編集が充実?サンプラーがすごい!

Studio One 4では不満だったMIDI編集機能も補完され、IMPACT XTやSample One XTといったサンプラーの機能が凄まじく進化しました。より長いStudio One 4レビューはこちら

比較で浮かび上がるStudio Oneの特性

Cubaseから乗り換えた時点でのStudio Oneとの比較(あくまで当時!)

CubaseとStudio Oneの(当時の)比較をまとめると、こうなります。
現在のバージョンとの比較は、使ってないのでできませんが、ググってみる限り、設計思想に変化はないように思います、程度。

(Studio One発売時点の私個人の感想です。現在は違うかも) Studio One Cubase
音のよさ  
画面表示のシンプルさ

ワンウインドウ

X

ウインドウだらけになって困る

動作の軽さ  
CDのマスタリング

X

別途Wavelabの購入が必要

MIDIの編集機能  
Vocaloidとの相性 Rewire

一体

Cubaseの当初の優秀な制作チームWolfgang KundrusさんなどがCubaseやめてからソースをゼロから書き起こしたのがStudio Oneだそうです。 そのため、バージョンを重ねての余計なソースがない状態から始まっています。現在4を超えましたが、特にStudio Oneの動作が重くなった、ということは感じていません。

また、「これは新次元のDAWだ!!」と思って現Studio Oneに乗り換える時点で退路を断つのにCubaseを気合いで箱ごとボーーン!!と捨てちゃったので(今思えばちょっと勿体無い!!)、在のバージョンのCubaseは使ったことが ないので、その点は悪しからずよろしくお願いします。

Vocaloidとの相性はCubaseの方が当然メーカー的にも軍配が上がります。MIXは音の良いStudio Oneで、という手もあるかもしれません。

現在はStudio Oneもアルペジェーターも含めて、様々なMIDI編集機能を搭載してきているし、Cubaseも音は変わっていると思います(ただ、やはりStudio Oneの方が音がいいという人は多い)。

デジタルなのに音が変わるの?と思われるかもしれませんが、DAWで明らかに音が変わるし、CPUの負荷の状態でマスタークロックにも影響するのか、極端にいうと再生するたびに若干音は変わっていきます。

私は「ほとんどリアルタイム入力しかしないし、Vocaloidは使わない」ので、音が良いStudio Oneがベストであったのです。

 

Studio One 開発者のインタビュー

Studio One のPreSonusマネージャーのArnd Kaiserさんのインタビューはこちら、ICONのサイトからご覧いただけます。 やはりStudio Oneは歴史の古いCubaseなどに比べて「古い(プログラム)コードの呪縛がないのが強み」ということですね。

今まで筆者が使ってきたPreSonus製品

Studio One 以外のPreSonus製品は、Fader Portは2台、AudioBo1818VSL、あとDAコンバーターとしてCentral Stationを使ってきました。アナログのイコライザーもなんか持ってたような記憶もあります。(現在はオーディオインターフェイスはApogeeのduetのアナログ回路をカスタム改造したものを使っています。MIDI interfaceはEdirol UM-880) ハードウエアのドライバ関連については、国産の方が優秀だと感じています。特にFader Portについては苦労しました。

乗り換えぐみ向けのStudio Oneの使い方がひけるサイトにしたいな、と。

このサイトでは、今まで他のDAWやMIDIシーケンサーを使ってきた人に向けて、Studio Oneの使い方を順不同に追加して更新していこうと思っています。と、いうのも、全くの初心者向けに書かれた書籍はあっても、「あの DAWやシーケンサーであったこういう使い方をしたい」的なTIPSは、意外とないからです。また、全くの初心者を想定しないことで、記載内容も大幅に省けます。ここから先はわかるだろうから適当に使ってね、ってところまでの記載です。

Studio One 公式サイト

日本語版代理店・MI7 japan内のPreSonus Studio One 公式サイトはこちらです。
PreSonus公式サイト内のStudio Oneのサイトはこちら(英語)

Studio OneにはFree、無料の「Studio One Prime(以前はFreeという名称)」、様々なオーディオインターフェイスに付属している「Studio One Artist」、そして「Studio One professional」というCDマスタリングまで含めてラインナップが用意されています。
性能及び機能、比較表などはStudio Oneのバージョンアップで随時更新されていくので、PreSonus Studio One 公式サイト をご覧いただいて最新のものをGETしてください。付属のVSTプラグインだけでよければ、「Studio One Artist」だけでも相当十分なのではないかと思います。20年前にこんなソフトがあったら、えらいことですわ!


Studio One はProfessional,Artist,そして無料のPrimeと、3つのグレードがあります。

最新情報は公式webサイトを

Studio Oneのマイナーバージョンアップはとても頻繁で、無料のものがほとんどで良心的です。そのため、比較表に変更がある場合があるので、必ず公式サイトでご確認ください。

ざっくりのStudio One比較説明

ざっくりProffessional,Artist,Primeの違いを説明します。

商品名 説明 こういう方に
Studio One Professional
全部入り。 CDマスタリングまでする人・映像に合わせてアフレコで音をつける人 には、これしかありません。

Studio One Artist ほとんどある。
他社AU.VSTプラグイン及び MP3の書き出しは別売アドオンで追加可能。
それで十分。
これだけで、ほとんどなんでもできます。いくつかのハイテク超便利機能と、いくつかのプラグインが付属していません。ハードウエアにバンドルのもの多し

まぁ、何と言ってもこいつですかね。このグレードのハードウエアがStudio One Artistとバンドルで、この値段・・・

無料!Studio One Prime 無料です!
今すぐゲットできます!
無料ダウンロード
エフェクトなんかも基本的なものは何でも揃ってるので、私はこれだけでも十分音楽が作れると思います。

Studio One の比較で参考になるページです

Studio One 4Artist の特設ページができました!

Artistの機能説明のページを作りました。Studio One Artistについてはこちらをご覧ください。

Studio One Primeの付属 VST Pluginの説明

Studio One Prime付属のVST Pluginについては、こちらで解説してあります。

Studio One Professional Demo版について

Studio One ProfessionalにはDemo版もあります。30日ほぼ制限なしで使えます。詳しくはこちら

Studio Oneに関する書籍も増えてきました!

最初は何もなかったのですが、何となくプラプラと使えたのがStudio Oneでした。他のDAWを使ったことがあれば、独自の超便利機能を除けば、何も見なくても適当にやっちゃえると思います。>>>>Studio One の書籍紹介のページ、作りました。


その他のadobe, apple製品の使い方メモはこちら