PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneの使い方:オーディオベンド:オーディオクリップ内で、音の長さをタコの足引っ張るみたいに、ぐい〜んぐい〜んってする

オーディオクリップ内で、音の開始位置を動かして、ずれてるリズムを修正する、だけでなくて、音価も次の音の始まりまで自動的に伸び縮みして、いい具合にできます。

言葉で説明すると難しいのですが、タコの足を引っ張ってるような感じです。

波形をクリックして波形編集モードにして、下の画像を参考に、オーディオベンドのアイコンを押します。

 

波形編集画面(アレンジウインドウで波形をダブルクリック)で、オーディオベンドのアイコンをクリックすると、2段目にあるような「検出」の段、オーディオベンドの設定画面が出てきます。とりあえず左端の「検出」の中の分析をクリックしてみましょう。

すると 、下の ように、波形を分断するポイントが検出されます。

ここを引っ掛かりとして、タコの足でも引っ張ってるように、ぐいーん、ぐい〜〜〜ん、と伸び縮みできるのです。

下の段の丸で囲ったアイコンを選び、波形の縦線の、下半分くらいを、を左右に動かしてみてください。

Studio One のオーディオベンドの使い方

オーディオベンドのベンドツールで左右に動かすと、波形がタコの足のようにぐい〜んとなるのがわかると思います

Studio One のオーディオベンドの使い方

縮むと緑に、伸びると赤くなるようです。

オーディオベンドについてのより詳しい情報は後日追加しますが、とりあえずこの通りにしてみたら、オーディオベンドが、どのようなものかわかると思います。

リズムパターンの修正だけでなく、面白い使い方ができそうだと思いませんか?

 

つづく

 


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: