Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方-2

ここではIMPACTのドラムパッドへの音色のアサインの使い方を扱います。

IMPACTのPADへの音色のアサインの仕方は簡単!

Studio One 付属のIMPACTは、4×4の16パッドがありますが、それぞれにアサインする方法は簡単!

単純にファイルをドラッグ&ドロップすれば良いのです。右側のフォルダーからひらいてもいいです。

なんと、アレンジエディタから録音された波形をIMPACTに直接ドラッグ&ドロップもできる!

これはすごく便利な機能!ドラムマシンやサンプラーに音をアサインするには、WAVデータなどを用意しなければならない場合が多いですが、IMPACTは、アレンジエディタから波形を直接パッドにドラッグ&ドロップすればOK。Studio Oneでレコーディングほやほやの音源を鳴らすことも、直ちにできます。リバーブなどのエフェクトをかけた音をアサインしたい場合は、バウンス(ショートカットはコマンド+B)とかしてから貼り付けると楽ですね。

Studio Oneに付属のVST instrument、ドラムマシン「IMPACT」の使い方


その他のIMPACTの使い方

その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: