PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

まだマニュアルなどが追いついていない項目です

ミックスエンジンFXは、Studio One 3.2から追加された機能ですが、日本語版はもちろんのこと、英語版マニュアルも追いついていないようで、使った感じの感想のレベルを超えない部分があります。はっきりした情報がわかれば、また追加すると思います。たぶん。そのうち。(2018.2.10記)

Studio OneのミックスエンジンFX(Console Shaper)の使い方- アナログコンソールをエミュレートする

Studio Oneの音の良さは、ミックスエンジン(ミキサーの性能)によるものも多いんじゃないかと思います。


初期設定で立ち上がるミックスエンジンは「高精度ミックスエンジン」というもので、 説明を読むと

「Studio One Professional は、32 ビットと64 ビット両方のミックスエンジンモードを提供します。このオーディオエンジンは、信号チェーンにインサートされているプラグイン(VST/AU エフェクトなど)の能力に応じて、32 ビット、単精度浮動小数点、64 ビット、倍精度浮動小数点の間で自動的に切り替えます。」

だそうです。私が読んで意味わかるのは、なんだかよくわからないけど音がクリアでとてもいい。ということでしょうか。

Studio Oneでは、ミックスエンジン=ミキシングコンソール自体を交換してしまえる

VST effect には、テープやプリアンプ系のシミュレーションなどもありますが、それらはpluginに(多くは2 mix,stereo音声で)入ってきた音声信号をそれらの回路を通すシミュレーションを行う、といったものです。

一方、このミックスエンジンFXは、単純に通過する段階の音色に影響を与えるだけではなく、「ミキサー、コンソールそのものの挙動を別のものにしてしまう」ということっぽいです。


もちろん、その背景にあるのは、Studio Oneが音が素直で良い、という何よりも素晴らしい基本に立脚しているのは間違いないです。

現在付属しているのは、「Console Shaper」という名称のミックスFXのみ

現在Studio One Professionalに付属しているのは、Console Shaperという、具体的に何をモデリングした、というわけでもなさそうな(おそらく利点を統合していそう)、アナログコンソールの挙動です。あえて言うとPreSonusオリジナルの高音質アナログコンソール、なのでしょう。半導体パーツの挙動なども再現しているらしいこの機能のプラグインは、今後各社から出てくるようで、「ミキシングコンソールを選べる」と言う時代も、間も無くなのでしょう。


起動は、マスターフェーダーを開くと「ミックスFX」があります。

Studio OneのミックスエンジンFX(Console Shaper)の使い方- アナログコンソールをエミュレートする

Console Shaperが起動しました。

Sonsole Shaper を立ち上げると、Studio Oneのコンソールは「デジタル高精度ミックスエンジン」から、「アナログ高音質ミックス回路」になる、 といった感じでしょうか。

画面は、もうちょっとソソるように作ってもいいんじゃないか、ってくらい、そっけない雰囲気ですね。

Studio OneのミックスエンジンFX(Console Shaper)の使い方- アナログコンソールをエミュレートする

ドライブ Drive ・・・歪ですね。歪みます。

ノイズ Noise ・・・ ノイズが乗ります。VST effects のテープシミュレーターと違うのは、全チャンネルストリップにノイズが乗ってるっぽいです。


クロストーク Crosstalk ・・・アナログミキサーでは「クロストーク」といって、程度は品質にもよりますけど、多少フェーダーなどをまたいて、音が漏れてしまったりしていました。それを再現します。

どのパラメーターもあげまくればボロボロのアナログコンソールに近づいていくので、適度に調整してください。ボロボロになるにつれて「ガリ」とかが出てきても面白いのにな、と思いますが。接点洗浄スプレーのプラグインで掃除できるとか。それくらい酷いチープなコンソールのミックスFXも、将来出てきたら面白いですね。

おそらくこの3つのパラメーター以外にも、もっといろんなことが起きているのでしょうし、そんな感じがします。このことから、VST effectsのテープシミュレーターなどように MIXの最終段階で刺して調整する、のではなく、(テープシミュレーターでもそう言う場合あろうかと思いますが)、はじめにコンソールのチューニングをしてから、MIXにかかる、方がいいような気がします。でも、「なんか足らん」時に、Console Shaperを刺してみる、のも、アリですね。

好きにしましょう!


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: