PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneのオートパンチイン/パンチアウト録音の使い方

MIDIでもAudioでも使えます。簡単なのですが、アイコンが地味なので結構どうするのかわかりにくかった項目です。

パンチインとは、スキャンダルに怒って編集雑誌に殴りこむことではなくて、間違えた部分などの録音をやり直すのに、一定の範囲(例えば3小節目など)のみを録音開始(パンチイン)して、自動的に録音終了(パンチアウト)する設定です。オートはその自動版です。手が3本ないので便利です。
オートでない手動のパンチイン/アウトは、私はFaderPortにペダルを繋いでやっています。 FaderPortがあったら、別にいらない機能でもあり、私は使ったことがありません。

オートパンチイン/パンチアウトの範囲を選択します。

ループ範囲と同じく、上の方にある範囲選択っぽいものをスライドさせて、パンチイン/アウト点を決めます。水色になっていたらループがONになっているということなので、ループはOFFにしておきます。

Studio Oneのオートパンチイン録音の使い方

オートパンチイン/パンチアウトのアイコンをONにします。ショートカットは[ I ]です。アイ。

オートパンチインアウトの存在に気付きにくいのは、アイコンの小ささかもしれません。拡大してみたらそれっぽかったり、パックマンかインベーダーゲームっぽいのですが、老眼では小さすぎてよくわかりません。
ショートカットは「I」アイ、です。赤くなっていれば、オートパンチイン/アウトがONになります。

Studio Oneのオートパンチイン録音の使い方

これをONにして、当たり前ですがパンチインする手前から再生を開始すると、自動的にオートパンチイン/アウトされますよ。

色はわかりやすいように後から変えましたが、ピンク色の部分がパンチイン/アウトされて、録音し直した部分です。

Studio Oneのオートパンチイン録音の使い方

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: