Presonous Studio OneStudio One の使い方メモ〜Presonous Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One付属のVST-effectリバーブ, Mixverbの使い方

Studio One にはバージョン(prime,Artist,Professional)で最大3種類の リバーブが付属しています。3種類の違いはこちら:リバーブ3種類まとめでご覧ください。

ゲートリバーブも作れるMixverb

他のリバーブが個性的なので、この子は標準的なデジタルリバーブ(だけど響はなんかアナログっぽい・・??)と言えそうです。

Studio One に付属のリバーブ、Mixverb

各パラメーターの働き

リバーブの響きを作る・・・割と凶暴な音も作れそう・・・

PreがPre delay,初期反射の遅れを作ります。長くするとごちゃっとしにくいです。

Sizeがリバーブの仮想空間のサイズ感。

Dampが通常だとHigh Dampで高域の減衰をさすのですが、純粋な減衰として、リバーブタイムであると思った方が感覚的には近いです。左に回すほど減衰が小さくなるので、思いっきり回してしまうと、鳴り止まなくなるまで設定ができます(笑)

ゲート

GateのボタンをONにすると、ゲートリバーブになります。Gate Threshがスレッショルド(ゲートが挙動する音量)でGate Releaseで長さです。いい感じになるように調整してください。

広がり、バランス

Widthがステレオの広がり具合。モノラルになってたらモノラルになってしまいます。Studio Oneでは、モノラルの録音でもステレオトラックにすることができます。その設定方法はこちら

Mixでリバーブと原音のバランスをとります。最大にするとリバーブ成分だけになるので、ミキサーのセンドリターンで使う場合は最大にしておきます。

LockでMixバランスを固定できるのですが、これをどう使うのかは不明ですな・・・・


その他のStudio One付属のリバーブまとめ・トップはこちら

その他のPresonous Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: