PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneのオートメーションの使い方-1 オートメーションのモードの選択

ボリュームなどを自動で操作させるオートメーション、Studio Oneによる昔の言葉で言うオートミックスをやることです。Faderportなどのフィジカルコントローラーを使ってもいいし、マウスでミキサーのフェーダーを操作しても記録することができますが、その動作モードの選択が、言葉が少しややこしいです。

オートメーションの書き込み&読み込みの大まかな流れ

Studio One でiのアイコン、もしくはF4のショートカットでインスペクタを呼び出し、図の①で、まずオートメーションの対象を選択します。ボリュームとPANが初期設定ですぐ選択可能になってます、もっといろいろできるのですが、このページでは、まずオートメーションの概要として、「ボリューム」でやってみます。

Studio One でオートメーションの使い方

とりあえずオートメーションの概略を把握するには、①でボリュームを選択し、②でライトを選択、再生を開始したら適当に③のボリュームフェーダーを操作、巻き戻して②をリードにして再生すると、書き込んだオートメーションにしたがって③のボリュームフェーダーが動くのが把握できるかと思います。

オートメーションのモードの種類:「オート:オフ」となってる部分をクリックすると選択できます。

パラメータからボリュームもしくはPANその他を選択すると、オートメーションのモードが選択できるようになります。

Studio One でオートメーションのモードの選択、リード、タッチ、ラッチ、ライト

オートメーション:オフ

オートメーションがデータとして存在してても、機能しません。

オートメーション:リード・・・・オートメーションを使う場合は、うっかり防止のためにも、基本的にこのモードにしておくのがおすすめです。

オートメーションのデータを読み込んで機能します。オートメーションのデータが仕上がっている場合はこのモードにしておくとオートミックスになります。これ以外のモードだと、うっかりオートメーションを書き込んでしまう場合もあるので、基本的にこのモードにしておくといいと思います。

オートメーション:タッチ

マウスでフェーダーを触ったり、Faderportなどのフィジカルコントローラーを「触っている時だけ」書き込みます。触っていない時は、書き込まれたエンベロープが有効になります。触っていない時は上書きされません。

オートメーション:ラッチ

意味がわかりにくい単語です。Latchはドアの掛け金の意味で、触ったところからオートメーションの記録が開始されます。操作しなくても書き込みを続けるので、あんまり頻繁にフェーダーを動かさない場合は、「タッチ」の場合だと触っていないと前のフェーダーの位置が生きてしまう場合もあります(フィジカルコントローラーなどによる)から、ラッチを使うといいと思います。停止するまで書き込まれ続けます。

オートメーション:ライト

再生と同時に書き込みを始め、停止するまで書き込み続けます。うっかりこれになってると、書き込んだオートメーションはおじゃんです。


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: