PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio Oneの使い方-マルチバンドコンプレッサー(3バンド)、Tricompの使い方

Studio Oneにはマスタリング用の6バンドのマルチバンドコンプレッサー"Multiband Dynamics"が付属していますが、結構使い方が難しいです。この"Tricomp"は3バンドに絞って、かつ直感的に使えるようにした雰囲気ですね。

感覚的に使えるマルチバンドコンプレッサー

コンプレッサーを使ったことがある人なら、これなら直感的に使えると思います。おそらくMultiband Dynamicsが難しすぎるということで搭載されたのではないでしょうか。

Studio One 付属のマルチバンドコンプレッサー、Tricomp

〜Lo Freq>, 中間, <High Freq〜、の3バンドに分割してコンプレッサーをかけます。

左半分が3バンドの設定です。Low,Highはそれぞれの相対的なコンプレッサーのかかり方で、-0.50〜+0.50の間で調整できます。
Low Freq,High Freqで、3バンドの分かれ目の周波数帯域を設定します。

その他は普通のコンプレッサーと同じです。

ただ、AtackとReleaceが"Speed"という一つのノブに集約されているあたり、あくまでこのコンプが感覚的な操作を目的としている設計なのがわかります。"AutoSpeed"をONにすればこれも自動でやってくれます。

SaturationとMix

Saturationは、何らかのレベリングアンプの歪みをモデリングしているようです。味が出ます。Mixは、ドライとコンプ音のMIXバランスです。通常は100とかにするのがいいと思います。

かなりノリで使えるって感じのマルチバンドコンプレッサーですね。きっちりしたい人はMultiband Dynamicsを使うと思うので、そういう住み分けでいいんじゃないでしょうか。

CPUの負荷はTricompはMultiband Dynamicsと同じ程度です。

この辺は、操作が直感的で簡単でも、音については、きっちり処理している証拠かもしれません。

小数点以下がわからないので、おそらく6バンドであるMultiband Dynamicsより処理は軽いのだと思いますが、とりわけ軽いという訳ではなさそうです。「マルチバンドコンプレッサーを使ってみたいけど、どうしたらいいかわからない。かといってプリセット使うだけでもいやだ」という人には向いていそうですよ。

Studio One 付属のマルチバンドコンプレッサー、Tricomp,Multiband DynamicsとのCPU負荷の比較

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: