PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One 4がMac OS 10.14 Mojaveで録音できない=OSのセキュリティでマイクのアクセスを許可しなかったためです。(Cubase,Logic,Garage Band,Abelton Liveなど他のDAWも同様)

Studio One はMac OS 10.14に、10.14が出ていきなり対応していました。その他PreSonus製品のドライバも即対応を発表していたので、早かったですねぇ。

>>ちなみに Mojave対応状況はこちら(PreSonus社の公式見解、英語)

Studio One など、DAWアプリケーションの最初の起動時に「マイクのアクセスを許可しますか?」に「いいえ」を押していませんでしたか?

その気持ち、わかりますよ!! 「マイク」ってなんか盗聴されそうだし、DAWでこの本体付属のマイク(っていうイメージっしょ!!)に接続してるとノイズとか入りそうだし、、、、って、0.05 秒くらいで判断して、ほとんど反射的に「いいえ」を押していませんでしたか?

おそらく、記憶にないくらいの反射行動で「いいえ」を押していたはずです。


というわけで、Mojaveのセキュリティ上の問題に対処して、オーディオデバイスがアクセスできるようにし、録音・音声入力ができるようにする方法

Mac OS Mojaveのシステム環境設定「セキュリティとプライバシー」を選択

Studio OneのMojaveで録音できない問題を対処

そこから、プライバシー>「マイク」と進み、Studio Oneのアプリケーションにチェックを入れます

どうです?音声入力・録音ができないとお困りのあなた、Studio One などのDAWのアプリケーションのチェックが外れていませんでしたか?

Mac OS 10.14 Mojaveで音声入力ができない問題を解決する

これで、Mojaveで Studio One も録音ができるようになります。

上記画像のセキュリティ設定では、「Studio One」, 「Final Cut Pro」, 「大人のメタボ解消XT」は、音声入力は使えますが、LineはMacの音声入力(オーディオインターフェイスから入力する音声信号全て)ができないので、無料通話ができない状態となっています。向こうからしたら、無言電話になってしまいますよ!逆にスタジオで愛人と過ごす浮気現場などではOFFにしておくと、全ての音声入力がブロックされますから、安全でしょう。

Cubase, Logic, Garage Band, Abelton Liveなど、他のDAWアプリケーションも、同様にMojaveの「マイク」のアクセスをブロックすると、音声入力ができなくなります。

Mojaveの「マイク」の意味が広すぎるのよ!!

これはMojaveの「マイク」の意味が大きすぎることから発生する不幸ですね。要するになんらかのアプリケーションに音声がアクセスする場合は「マイク」なので、そのセキュリティ上で、Studio One が「マイク」にアクセスを「いいえ」にしてしまうと、録音ができなくなる、Mac OSにとっては、いかなる音声入力も「マイク」になりうる、という理屈でした。

Mojabe

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: