PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

FarerPortの目盛りがCubaseでUnityGainの0dbがずれる

PreSonus FaderPortの目盛りの上端は+10dBです。これはStudio One や多くのDAWのコンソール(ミキサー)のゲインを上げきった状態が+10dBなのでFaderPortも最大値が+10dBになっているのですが、これに対し、Cubaseが+6dBなので、 Unity Gainの0dBが-2dBにずれてしまいます。

FaderPort のフェーダーのTOPは10dBのメモリになっている

この数字がCubaseでは現段階で問題になってしまいます。

CubaseとFaderPortで目盛り0dBがずれる

Studio OneなどのDAWはコンソールのフェーダーが最大+10dBなのに対し、Cubaseは+6なので、てっぺんから逆算してずれてしまいます。

Cubaseに+10dBはないので、0dBがずれます。幅の大きいCubaseは盤面の-2dBあたりになってしまいます。

CubaseとFaderPortで目盛り0dBがずれる

ずれる対策としては

本体の目盛りを読みに行かなければ問題はないのですが、盤面に+10dBと印刷している以上、現状は気になる場合はテープ(絶縁テープやメンディングテープ、セロテープや絆創膏、カップ麺の蓋を止めるテープなど、様々なお好みのテープ)などを貼ることで対策できるかと思います。


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: