PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

駒野の自宅の現在のMIDI関連機材接続図

Studio One とPreSonus AR16USB, Edirol UM-880を中心としたシステムです。

今まで仕事で何百曲とやってきて、もう余生はやりたい音だけ作ってたいので、こうなってきました。

同時に20曲とか作ってた頃は全部DAWの中で仕事としては便利でしたが、そうしてしまうと全然燃えないんですよ。

やっと気づきましたが、燃えないのはダメです。

基本的にDAWが嫌いでアナログ好きなので、ハードウエアがどんどん増えて行ってしまっています。 今はあまりVSTiを使っていません。

めんどくさいので手書き!

駒野機材

FaderPortを書くのを忘れてました!

PreSonus Fader Portを上の図に書くのを忘れてました。

FaderPortからBOSSのフットスイッチに接続して、録音ボタンは全部足で制御しています。この辺の足でなんでもしたがる病気はエレクトーンにたんを発するるものだと思います。

演奏をしていた頃は、フットスイッチだらけでした。

ご要望に答え、キーマガ的な内容を!

今はもう技術が飽和しててつまんないですが、昔のキーマガは、「シンセに乗って宇宙に行けるんちゃうか?」っていう感じでドリィミィで面白かったですよね!

ツイッターやってて判明しましたが、キーマガの接続図が好きだった人とかも読者の皆様には多いようで、リクエストをいただいたので公開に至りましたが、めんどくさいので手書きです!

というわけで、内容も本当にダラダラ書きます。

結局自分が多感な頃の音が忘れられず、エレクトーン出身の人間としては捨てられないYAMAHAのあの時代のFM音源としてTG-77は2度くらいオーバーホールしてます。(後年のYAMAHAの物でも、NIのFM8とかでも全くああ言った感じが出ない)

あと、どうしても忘れられなかった音として、JUNO-106はチップが一斉に寿命を迎えてリペアしても別のところが壊れる、という状況だったので、JU-06はありがたいです。接点なんかをピカピカに磨いた調子のいいJUNO-106そっくりな音が出ます。

JV-1080(worldとDANCEとか搭載?最近ふた開けてないから忘却)とKORG M-1Rはもらいました。

かなり昔に、KORG MS-20は背面にYMOのステッカーが貼ってあるやつをもらって使ってましたが、最後(20年以上前?)に「屁」みたいな音を残してご臨終されたので、これもリバイバルのMS-20miniは助かります。

ギターのエフェクターは、パラメーターが隠れてるのが嫌でBOSS ME-80で、オリジナルのBlues Driverも持ってるのですがブラインドで全くわかりませんで、自分がわからんかったら、まぁいいか、と思ってましたが、マーカスミラーがライブでメインのエフェクターとして使ってて、あ、いいんだこれで、って納得しています。

メインのキーボードはRoland RD-64 とオルガン用のVR-09 (これUSBで繋ぐとノイズが出るのでUM-880からMIDI)、エレクトーンの影響でフットペダルでRoland FC-200でベースも弾けます。だんだんエレクトーンに近づいてくるのが悲しい。

でもM-Audio Keystation mini 32が、MacProのキーボードと同じ幅だし、ノブが付いててエクスプレッションのオートメーションに使えるので、「鍵盤弾きのフレーズを弾かない場合」は、もうほとんど、これと、PreSonus ATOMです。

なお、もともと、Studio Oneの使い方ページは、unkoっていうバンドのページの一部でした。 そちらに挙げた曲には仕様機材も書いてあります。ソフトシンセ、なんかおもろないので、実はあんまり趣味としては使ってません。はっきり言ってPrimeでもいいやって思ってます。

なお、始めてのPreSonusとの出会いは、当時PCを構築してくれてたDAWシステム構築の専門家の勧めで、PreSonus Central StationをDAコンバーターとして使っていて、その音が素晴らしかったからです。PCから出力していたボードは忘れました。

おわり

一曲使用した機材解説

キーマガっぽい記事には欠かせない楽曲解説をしてみます。

真面目に 作った物で、他界した妻のHDDから彼女が自分でレッスン用に録音した クリスマスソングが11月くらいに出てきたので、まぁ作るか、と、その音源を編集して作ったものです。

もちろん編集はStudioOneで、ピアノ弾き語りの2mixなので、Melodyneを使って、ピアノをいらないところを消す、という作業を行っています。

冒頭のオルガン はRoland VR-09, エレピはYAMAHA TG-77で、テンポが安定していないので全部リアルタイム入力です。ガットギターとベースは生で、VSTiはストリングスとハープでMiroslav Philharmonik くらいです。セレスタの音が何だったかは忘れました。KORG M1Rも薄〜〜〜く鳴ってると思います。VSTiのM1も持ってるけど、全然ハードウエアと音が違います。

ちなみに使い方ページを作ってるシステムは別

使い方ページを作ってるシステムは、Mac Book Pro2013に、YAMAHA MW8CX,ARTURIA MINI Labだけです。


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: