PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One ArtistとProfessionalの違い比較(v4)

Studio One ArtistとProfessionalの違いを まとめてみます。

非常にざっくりとまとめると、

となります。

なお、本ページはMI7 のサイトに準拠してますが、最終的にはそちらのページで確認してください。

1) PreSenceのサウンドライブラリ

Presenceのサウンドは、Prime,Artist共に785MBですが、Professionalでは高品位なグランドピアノなども含む15GBのサウンドが付属。

Presenceは動作が軽快ながら音がいいので、お得でしょう。

図の一番上の「Artist Instruments」のみが、Studio One Artist付属のものです。その他のサウンド(全部書ききれませんがフォルダになってますね)はProfessional用のライブラリです。

Studio One

その他Accoustic Drumキットループが1.5 G、Electronicオーディオループが3.17Gとか、ライブラリが充実。

2) マスタリング機能

CD、およびデジタルリリース用のマスタリングを行うprojectがArtistにはありません。

3) Melodyne Essencialの付属

ピッチ補正ソフト、Melodyne Essencialが、Artistは体験版ですが、Professionalは正規版がつきます。

4) Professionalだけに付属のプラグイン

ここでは、Artistにはなく、Professioanlのみに付属のプラグインを列挙します。

5) その他の機能

ArtistとProfessionalの違いの「その他」を列挙します。どれも、Artistにはない機能、となります。

 


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: