PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One でMP3 を書き出す

Studio One Prime, Artist,ProfessionalでMP3を書き出す方法です。

Studio One Prime, Artist(version:〜2,3)

MP3の書き出しはできません。Studio One Artist 2,3では、アドオンの購入によりMP3の書き出しが可能でした。

Studio One Prime, Artist(version:4〜)

MP3の書き出しが可能になりました。

Studio One Professional : MP3にジャケット画像を付けられる!

MP3の書き出しが可能です。さらに、マスタリングを行うプロジェクトで、MP3の音声ファイルにジャケット画像を埋め込むこともできます。

MP3の書き出し方法

1.書き出す範囲を選択する

書き出す範囲を選択するのは、「ループ範囲を設定する」「ソングのスタートとエンドの範囲を設定する」 などが可能です。

ここでは、ループ範囲を設定してみます。

アレンジエディタの上の部分のこれを横にドラッグして広げます。

Studio OneでMP3を書き出す

こういう感じで、水色のゾーンが「ループ範囲」です。

Studio One 4.5Primeで書き出してますのをご確認ください。

Studio OneでMP3を書き出す

2. ソング>ミックスダウンでMP3を書き出します。

ソング>「ミックスダウンをエクスポート」

ミックスダウンをエクスポート

場所とファイル名を設定し、フォーマット:MP3

ダイアログでロケーション、ファイル名、フォーマットはMP3、エクスポート範囲は、ループ間、またはソングスタートエンドを指定している場合はソングスタート/エンドマーカー間、を設定し、エクスポートしましょう。

Studio One Professionalでは、こうして書き出した後にMP3に画像ファイルをつけることができます。

Studio OneでMP3を書き出す設定画面

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: