PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

オーディオデータからコードを自動判定する>耳コピヘルパー?

Studio One のコードトラックで、オーディオデータからコードを自動判定させることができます。異名同音(違う名前だけど同じ音)や、中にはキチガイみたいなコードもあるので必ずしも正確ではないにしても、耳コピなどを助けることができるでしょう。

まずはコードを判定したい曲のテンポと拍子を合わせましょう。

拍子はトランスポートの横で4/4とか書いてるとこをいじったらなんとかなると思います。これは3/4にしてみました。

テンポですが、Studio One にはタップテンポという技があるので、再生しながらテンポを合わせてみましょう。波形のめぼしいところの頭が小節とあってたらまぁOK。

Studio Oneのコードトラック、コード判定

右クリック>オーディオから「コードトラックに抽出」

オーディオデータがコードが自動判定され、コードトラックに抽出されます。

Studio Oneのコードトラック

次のように判定されました。

しかし、E ♭とA♭の間にF#が挟まってると、気持ち悪いですよね。

Studio Oneのコードトラック、コード判定

コードネームの異名同音の解消方法

F#maj7をダブルクリックでコードセレクターを開き、ルートから異名同音のG♭を選択すればOKです。

Studio Oneのコードトラック、コード判定

こんな感じに仕上がりました!

Studio Oneのコードトラック、コード判定

Notionがあれば即プリント可能です

コードネームはNotionにプリント可能。リードシートの項目参照

その他コードトラックの使い方は

Notionとコードトラックを合わせて使うと強力な機能!

  • コードトラックのコードも合わせてNotionでパート譜を作成する・・・Notionとの組み合わせでコードトラックのキーとコードを反映させたパート譜の作成が可能です。

  • その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

     Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

     内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: