PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

ぶっとい音の Mojito(モヒート)

Studio One に付属のバーチャルアナログ・モノシンセ、Mojito(モヒート)です。

とにかく太い音がすると共に、シンセサイザーの基本的なインターフェイスにまとまっていて使いやすいので、一度は使ってみるべきでしょう。

Mojitoとは

ラムベースのペパーミントが入ったカクテルですね。

実は、この記事を書いてる途中まで、勝手に「Mojoto(モジョト)」と読んでいました。あはははは。長年モジョトと思ってましたが、正しくは「モヒート」です。この記事書いて良かったよ!

ペパーミント、うちの庭にもありますが、土に植えると地下茎で強烈に広がって大変なことになってしまいます。素人は繊細な植物と思うかもしれませんが、あいつらは実に地下でズ太いのです。そういう感じに、ぶっといベースサウンドが作れます。

Studio OneのMojito

シンセサイザーの音作りの基本

シンセサイザーの音作りの基本については、他に詳しいページがあると思いますが、簡単にまとめておくと

 

オシレーターで、元になる音を作る---上の図-1のセクション

  ↓

フィルターで音を削って仕上げる---上の図-2のセクション

  ↓

アンプエンベロープで、音の立ち上がりや減衰を決める。---上の図-3のセクション

  ↓

エコーや歪みのエフェクターで仕上げる---上の図-4のセクション

 

という流れです。

MojotoはMaiTaiのように難しいことはできないので、最もシンセサイザーの構造を把握しやすいかもしれません。

それでは、各セクションを個別に見ていきましょう。

OSC・・・オシレーター

元になる音色を決めるセクションです。

Studio OneのMojito

FLT・・・フィルター

24dBフィルダーです。減算方式のシンセ(サブトラクティブシンセサイザー)では、オシレーターから出た音をここで削って仕上げていきます。

Studio OneのMojito

AMP・・・アンプセクション・・・音量の変化を決める

Studio OneのMojito

FX・・・エフェクトセクション・・・エフェクターをかける

Studio OneのMojito

Mojitoの可能性について

シンプルですが、様々な音が作れますので、プリセットを色々聞いて見ましょう!

Studio OneのMojito

和音は弾けません

モノフォニックシンセのMojitoに和音は弾けません。弾く場合はMaiTaiに。


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: