PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

USB2.0とUSB3.0のオーディオインターフェイスでレーテンシーの差はあるのか

結論で言うと、USB2.0とUSB3.0のオーディオインターフェイスでレーテンシーの差はありません

この辺りはFocusliteのページ(英語)でも技術解説がされていますが、USB2.0とUSB3.0で変わるのは通信の往復速度(ラウンドトリップタイム)ではなく、帯域幅なので、変わるのはレーテンシーではなく、同時送信できるトラック数、などと言った差になります。 Focusliteのサイトではテニスのピンポンに例えられていますが、よくわからないのでunkoサイトでは道路の車線数に例えてみたいと思います。

USB1.0 / USB 2.0 / USB 3.0 の技術的スペック

理論値ですが、それぞれの違いは下記のようになります。なんとなく、転送速度からレーテンシーに影響しそうな気がしてしまいますが、変わるのはレーテンシーではなく、帯域幅となるので、レーテンシーには影響しません。どういうことかは、次に説明します。

オーディオインターフェイスとして名称転送速度 給電量力
トラック数次第で不足する場合がある USB 1.1 12Mbps 500mA
極めて十分 USB 2.0 480Mbps 500mA
余裕すぎる USB 3.0 5Gbps 900mA

USBの帯域幅とは何か=制限速度は変わらず、車線が多い

基本的にラウンドトリップタイム(レーテンシー)に違いはありません。(ラウンドトリップタイムはドライバーやPC本体のチップ/インターフェイスのハードウエアや線の長さなどにより様様)

このことは、道路の場合は、制限速度は同じ、ということに例えられます。レーテンシーについてはこの場合、荷物の積み下ろしだということにしておいてください。

USB1.1が自動車の1車線だとしたら・・と言うことで例えてみましょう。

左のどうぶつの林から、可愛い動物たちが将軍様からベーシックインカムをもらいに、トラックに乗って移動します。
USB1.1では、トラックの台数が多いと、配給が間に合わなくなってしまいます。

USB2.0とUSB3.0の違い

USB2.0で80車線になります。

車線はあくまで例えですので、録音できるトラック数については後述しますが、80車線あれば、ものすごい数のハイレゾのトラックが送れてしまいます。

USB2.0のUSB1.1比80車線相当の帯域幅があれば、この国家の配給には十分過ぎてしまうのです。

音楽データの量は意外と多くないと共に、人間の耳はアバウトですので、転送の理論値としては人間の耳には全くわからない範囲の出来事となります。(荷物の積み下ろしなどはそれぞれのところでレーテンシーが発生しますが、USBのバージョンに関係ありません。)

USB2.0とUSB3.0の違い

192kHz/24bitのハイレゾ音源の転送には、USB2.0でも余裕

ハイレゾもハイレゾのPCMで192kHz/24bitのモノラルトラックは、4608kbps、およそ0.5Mbpsとして。仮に64トラック同時に録音した場合でも32Mbps以内です。32と480、どちらが大きい数でしょうか! 48kHz/24bitのデータであれば、一体何トラック送れると言うのでしょうか!!

USB2.0の480Mbpsで運用するには、オーディオデータでは十分と言えるのが、お分かりいただけたでしょうか。

各ハイレゾ配信のbps一覧

ONKYOのハイレゾ配信のサイトをご参照ください。

USB2.0とUSB3.0のオーディオインターフェイスの違い
USB2.0とUSB3.0のオーディオインターフェイスの違い
USB2.0とUSB3.0のオーディオインターフェイスの違い
USB2.0とUSB3.0のオーディオインターフェイスの違い

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: