PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

複数のオーディオインターフェイスを同時に使う「機器セット」Macのみ

Macでは、Core Audioを使って複数のオーディオインターフェイスを同時に使うことができます。

2in 2outのオーディオインターフェイスを2台持っていれば、4in 4 outのインターフェイスとして使えますよ。

Windowsではできません。

ここでは2台のオーディオインターフェイスの同時使用の設定をやってみます。

上側がSoundcraftのミキサー一体型のオーディオインターフェイス、Notepad-5(2in 2out)、下がPreSonusのStudio26(現行の品番は26c)、これが2in 4out。
この両方があると、なんと、4 in 6 outにできるんです、奥さん!しかもタダで!!!

複数のオーディオインターフェイスを同時に

複数のオーディオインターフェイスを同時に使うための設定アプリ

アプリケーション>ユーティリティの中に「Audio MIDI 設定」があるので起動しましょう。

複数のオーディオインターフェイスを同時に

機器セットの画面で、同時に使用するオーディオインターフェイスにチェックを入れます

Unkoサイト更新用には、「Sound Craft NOTEPAD-5」を今はメインで使ってますが、これと「Studio 26」(2 in 4 out)を同時に使ってみましょう。

「使用」にチェックを入れて、同時に使うインターフェイスを選びます。HDMIで接続したモニターも音声のoUTとして認識するので使えるので、サラウンド的な遊びもできると思います。

複数のオーディオインターフェイスを同時に

上の図の「?」マーク、「音ズレ補正」とは?

デジタル信号は「クロック」というタイミングで同期していて、ずれると悲惨になりますが、高級なオーディオインターフェイス同士でないと、そういうクロックのシンクをさせるものはついてませんが、これにチェックを入れておくと、無理やりMacのCoreAudioが同期してくれます。一番良さげなやつはチェックを外してマスターに、受ける方(スレーブ)には、音ズレ補正にチェックを入れておきましょう。この場合、Studio26をマスターにします。

Studio One の設定は?

普通にオーディオデバイスで「機器セット」を選ぶだけっす。

複数のオーディオインターフェイスを同時に

あとはソング設定で、複数台のオーディオインターフェイスの設定を定義しましょう。

ソング>ソング設定から、インアウトを適当に追加して、適用して、「デフォルトを作成」をしましょう。(書くのめんどくさいから略)

どうでしょうか?画像はクロックのマスターのStudio26だけど、NotePad5のinが追加されて、Studio26が4 in 6 outに拡張されましたぞ!

複数のオーディオインターフェイスを同時に

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: