PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

トランスポート(ナビゲーション)の便利技TIPSまとめ

再生や停止などのトランスポート(ナビゲーション)の便利な技をまとめます。

基本的な技なのですが、知らないのがあるともったいないですね。

PreSonusのビデオ「Navigate Like a boss in Studio One 」

この記事はこのビデオを元にまとめました。

記事の内容よりも、Gregor Bayerle氏のパーカーがすごいので気になってしまいますね。

1.再生開始ポイントにまつわる設定

ループボタンの上で右クリックし、メニューを出します。

Studio One

2.「カーソルは編集位置に追従」

このボタンをONにしておくと、選択したイベントやノート(編集位置)にカーソルの位置を移動させられます。

エディット箇所を素早く確認するときに有効です。

Studio One

この設定でプレイバック中にイベントを選択すると、オレンジ色のバーが出てくる。

この「カーソルは編集位置に追従」がONの時で、かつ再生中にイベントを選択すると、オレンジ色のバーが出ますが、再生は継続されます。
最初は何だろう?と思ってしまいますが、選択されて再生したいのに再生が継続していく、そんな感じの「がまん汁」みたいなものだと思っておけば良いと思います。

Studio One

3.開始小節をゼロにする。

通常DAWでいきなり頭から曲を録音し始めず1〜2小節開ける人が多いと思います。だがしかし!1小節目が3小節目から始まるのは気持ち悪い!そんなあなたは、このページをチェッック

4.空きスペースのクリックでカーソル移動

ワンクリックで好きな位置に再生カーソルを移動させる設定はこちら

5.ショートカット 「選択を検索」,イベントの終点にカーソルを移動する「選択エンドを検索」もあるよ

2の「カーソルは選択位置に追従」がONになっていなくても、ショートカット の「L」で同じことができます。=「選択を検索」英語では「Locate Selection」

また、同じくショートカット に、選択するイベントの最後にカーソルを移動する「選択エンドを検索」「Locate Selection End」をアサイン可能。

上記のビデオでは、多機能マウスにこの猫のすごいパーカーを着た人はアサインしているようですね。

ショートカット のカスタマイズ 方法

ショートカット をカスタマイズする方法はこちら

6.ショートカット「マウスカーソルを検索」クリックしなくてもマウスの位置にカーソルを

なお、ショートカット の検索もあるので、このページを参考に検索すると照合が早いでしょう。

Studio One

で、このショートカット は初期設定だとMacの場合はSpotlightとかぶってしまうので、使う場合は変更するのが良いでしょう。

猫のパーカーのお兄さんはF16にアサインしているようです。

マウスの位置にカーソルを移動します。

「4.空きスペースのクリックでカーソルを移動」だとクリックでカーソルを移動しますが、このショートカットを使うと、マウスの位置にトランスポートのカーソルを移動します。

クリックのしすぎで指がしんどい時に便利でしょう。

7.トランジェント単位で移動できる「前のホットスポット」「次のホットスポット」

トランジェント(音のアタック)単位で前へ、次へ移動できるのがショートカット の「前のホットスポット」「次のホットスポット」。

猫のパーカーの兄貴はMacのF13,F15にアサインしているようです。

ドラムループの編集で次の音に行く、などに便利ですね。

で、猫は、その真ん中のF14キーに「ベンドマーカーを挿入」をアサインしているようです。

これによって、ドラムループをトランジェント単位で音量やタイミングの前後が、素早く編集できるようになります。

 

8.マーカーのショートカット

テンキーにマーカーのロケーションがアサインされてるので、カスタマイズしよう、と猫が言っております。FaderPortの利用も便利です。

9.そろそろ翻訳が面倒になってきました。

あとは、まとめると、トランスポートのショートカットをカスタマイズしようと猫が言っております。

編集内容や目的は人それぞれなので、猫のいう通りでなくてもいいでしょう。(初期設定のショートカット の一部はこちら参照)

私もそろそろ、シャトレーゼのおやつを食いたいのでこのページの執筆を終わりにします。

猫「いい休日を!」でこのビデオは終わります。そう言った挨拶には「お前モナー」で返すのがアメリカ流です(you too)

そしてシャトレーゼは我々の休日を大変豊かにするものです。

Studio One

 ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)< オマエモナー
(    )  \_____
| | |
(__)_)


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: