PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Groove Delay

Studio One に付属のディレイには、3つあります。

ここでは、私のお気に入りのGroove Delayの操作を紹介します。ディレイは操作性が高いので、まずこの子を使います。

 

あ、ディレイとは、やまびこさんです。

これがGroove Delayの画面だ!

上の方の4つのピンはマウスで動かせます。

どういうふうになるかは、単純な4分音符の音などを入力してから、動かしてみたらわかるでしょう。こんなサイトを読むよりも実際にやってみましょう。

それぞれのディレイ=やまびこさん に、Level(音量)、PAN(左右)を設定できます。

msec(秒単位)では指定できませんが、ショートディレイにしても耳で聞いていい感じだったらいいでしょう。ディレイタイムをもっと短くしたければ音符を小さくすれば良いのです。

Level,Pan,Swing,Cutoff,Lfoは、それぞれのパラメータをディスプレイに可視化します。通常はLevelが便利でしょう。

Studio OneのGroove Delay

タップパラメーター

メインのディレイのパラメーターの紹介です。

上の二つ、Pos.TapGroove はパラメーターで操作すると独特ですけど、上のディスプレイ部分で操作すると、すぐわかりますよ

Global

フィルター

各ディレイ音にフィルターがかけられます。一般的な空間演出にローパスで、高域をカットします。反射音は劣化してるのが通常なのは体感でわかることでしょう。

なんとGroove Dealyでは、フィルターの特性も変えられます。マウスでポイントをドラッグすると、フィルターのバランスを調整できますので、耳で聞いていい感じにしましょう。

Studio OneのGroove Delay

カットオフ、レゾナンス、あとフィルター用のLFO(揺れ、ビブラートみたいなもの)が一機右側にあって、LFOをかける深さが、一番したのCutoff LFO Amountです。

適当にいじってみたらわかるでしょう。

プリセットでGroove Delayの可能性を感じよう

4分音符でドンパンドンパンくらいの単純なフレーズを作って、プリセットの複雑なリズムをかけてみましょう。これだけでネタ切れ解消!

Studio OneのGroove Delay

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: