PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

アウトボードをプラグインのようにインサートする「Pipeline XT(パイプライン)」

プリアンプ、チャンネルストリップ、歪系エフェクターなど、お気に入りのアウトボードをあたかもプラグインのようにインサートする機能です。

レーテンシーの自動補正も可能なので、本当にお気に入りのアウトボードをStudio One のエフェクトとして使えるようになりますよ。

Studio OneのPipeline XT

↑ パイプラインをインサートするだけで、アウトボードを差し込むことができる!

必要なものは、3ch以上のオーディオインターフェイスと、お気に入りのエフェクター。

Pipeline XTを使おうと思うと、ステレオ2chよりも多い出力のオーディオインターフェイスが必要になります。

PreSonus Studio26(現行商品はStudio 26cで色が黒い)は 2 in 4 out なので、今回はこれと、BOSS のPower Stackという歪系のエフェクターを使います。

「アウトボード」というと、プロの人たちが日夜twitterで話題にしている数十万円のプリアンプやコンプレッサー やEQやプロセッサーなどの高級魚のイメージがありますが、きっと、あなたにも「お気に入りの歪系エフェクター」なんてものの1つや2つ、あると思いますので、それを使ってみましょう。

3CH以上の出力なんて持ってないよ!という人へ

もし2chのオーディオインターフェイスを安物でもいいから2台持っていたら、Macなら4 in 4 outとして使用することができます。裏技はこちら

物理的な結線

オーディオインターフェイスのパラアウトからエフェクターへ

Outの3から、エフェクターのINに刺します。Pipeline XTにはmonoとstereo版があるので、ここではmonoを使います。

Studio OneのPipeline XT

続いて、エフェクターのOUTから、オーディオインターフェイスのinに接続します。音量を合わせれば、準備が可能です。

Studio OneのPipeline XT

Pipeline XTを起動して設定しよう

Studio OneのPipeline XT

「自動」を押してPipeline XTの遅延を調整しよう

レーテンシの調整方法は簡単です。「自動」を押すだけ。その他のパラメータは、さらに調整したい人だけがいじってください。

Studio OneのPipeline XT

写真とメモを入れよう

赤丸のところから適当にやって、機材の写真とメモを保存することができます。

アナログのアウトボードの場合、セッティングは毎回やらないといけないので、お気に入りのセッティングと、萌える写真を入れて、あなただけのPipeline XTを演出しようぜ!

Studio OneのPipeline XT

設定が完了したら保存しようぜ!

これで、アウトボードについても、接続が済んでいれば、普通のプラグインのように呼び出すだけで使用できるようになりました。

Studio OneのPipeline XT

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: