PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

ディエッサー(De-Esser)を使う

「エッサホイサッサ」といえば「お猿の籠屋」ですが、ディエッサー(De-Esser)とは、サシスセソなどのスーシー言ってうるさい摩擦音を減らすエフェクトです。
Studio One には「ディエッサー」というエフェクトは付属しておりませんが、プリセットで存在します。
エフェクトの名前が覚えられないという人は、次の歌を1コーラース「ディエーッサ、ディエーッサ、エッサホイサッサ、Studio One のディエッサーだホイサッサ」といっしょに歌いましょう。
「エッサホイサッサ」のフレーズのサシスセソの高音がコンプで潰したらうるさくなった、などの時に使ってください。

使い方は簡単。Studio One 付属のCompresserから「De-Esser」のディエッサー用のプリセットを呼び出すだけ。

もともと、ディエッサーはコンプレッサーとEQをサイドチェインで組み合わせて作っていたエフェクトなので、Studio One のコンプレッサーのサイドチェインは外部の音声でも可能だけど、「Int.Sidechain」があるので、単体でディエッサーができてしまうんです。
設定をいじりたい場合は、ThresholdとRatioを手始めに音を聴きながら適当にいじってみればいいと思います。
ディエッサー がかかる帯域を調整したい場合は、Int.Sidechainの中のListenで該当帯域だけ聴けるので、LowCut,HighCutを適当にやりましょう。

ディエッサー

合わせて「キーリッスン」についても学習しよう

キーリッスンを理解しやすいのは、このディエッサーのプリセットでしょう。

マルチバンドコンプを使ってディエッサーと同じ効果を得る方法もあるよ

PreSonusのビデオで紹介されてるこの方法もあるけど、上の方が簡単だし「軽い」と思います。
マルチバンドコンプは帯域別にコンプレッサーのかかり具合を調整することができるので、上記のプリセットと同じように、サシスセソで煩くなる帯域にかかり具合を調整すればディエッサーと同じ効果が得られます。


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: