PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One でICレコーダーの長時間の録音などで、細切れに分割されたファイルを連結・結合する方法

ICレコーダーやデジタルカメラの動画のファイルシステム上の制限などから、長時間の音声のファイルが2GB程度などで分割されることはあります。
そういった複数の録音したファイルをストレスなくスムーズに結合する方法をまとめました。

1.スナップの設定をしましょう。

まずはタイムベースを「秒」などに変えます。

通常はStudio One はスナップ(磁石のようにくっつく)挙動は、小節単位になってます。
その考え方は音声ファイルの連結に必要ないので、ルーラーの部分で右クリックから「秒」にしておきましょう。

Studio Oneで音声ファイルを結合する

スナップの設定をします。

小節単位での結合がないので、こちらを参考の上、イベントにスナップされるような設定を行ってください。
次のようにイベントエンドにスナップしやすくなります。この状態で、分割されて録音された音声データを並べていくと、スムーズに連結ができます。
次の動画はイベントエンドにスナップする設定で5.5〜ですが、それ以前でも後ろにどんどんくっつけていくことはできます。微調整にイライラしたりクロスフェードをかけたりすることがなくなります。

Studio Oneでスムーズにイベントを連結する

2.トラックの全てを選択します。

トラックの全てのイベント(結合後)を選択します
ショートカット はShift+command+Aです。

3.選択範囲をループにします。

ショートカット のPで、選択されたイベントからループ範囲を設定します。詳しくはこちら

wavファイルに書き出しましょう。

ソング>ミックスダウンをエクスポートから、「ループ間」を選択して書き出します。

Studio Oneで編集位置をスナップする

合わせて覚えておきたい機能

リップル編集

カットすると自動的に前づめになる、リップル編集。ナレーションの編集などで有用です。>リップル編集モード


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: