PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

コードトラックの使い方-コードトラックでコードに合わせて変更した音を適用する。

コードトラックで変更した音(例えばドミソ→ソシレ)は、コードトラックを解除すると、元のドミソに戻ってしまいます。
しかし、せっかくコードを適用したのに、その完成形の音のままのデータをコピーペーストしたり、あちこちで使いたい場合があるでしょう。

例えばコードトラックを使ってオリジナルのコード(ドミソ)から変身させたコード(ソシレ)で確定させる方法

「ピッチをフリーズ」でコードトラックで変更した音をレンダリング(?)します。

イベントを選択し、右クリックで音楽機能>「ピッチをフリーズ」で、コードトラックで変形した音を最終的に確定して、そっちをオリジナルのノートにします。
でも、またコードへの追従がONになっていれば、それをオリジナルとして、またコードトラックによって再変換されますので、場合によっては注意。

Studio One でオートメーションの切り替えのショートカット

コードエディタ関連のその他の使い方

Studio One 4〜のコードエディタ関連の使い方まとめです。徐々に加筆していきます。

Notionとコードトラックを合わせて使うと強力な機能!

  • コードトラックのコードも合わせてNotionでパート譜を作成する・・・Notionとの組み合わせでコードトラックのキーとコードを反映させたパート譜の作成が可能です。

  • その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

     Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

     内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: