PreSonus Studio OneDTM の使い方メモ〜 DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Q.コンプレッサーやゲート・エキスパンダー の「キーリッスン」Key Listenってなんですか?

エフェクトのコンプレッサー(compressor)、ゲート(Gate)、エキスパンダー(Expander)の 中にある「キーリッスン」ってなんでしょう?

A.キーリッスンは、ダイナミック系エフェクトのかかり具合を調整するキーとなる音だけを聴く機能です。

コンプレッサー、ゲート、エキスパンダーなどのダイナミック系のエフェクターには、音量の調整をトリガーとするなんらかの信号によって制御します。
そのキーとなる音だけを聴く機能で、トリガーとなる音がどんな塩梅なのかをみるために使用します。
キーリッスンをONにして聞けるのはコンプレッサーなどのエフェクトがかかった後の音ではなく、コンプレッサーなどのエフェクトを制御するための音です。

Studio Oneのキーリッスン

Studio One 5の付属のコンプレッサーでのキーリッスン

Studio One 5 付属のコンプレッサーでのキーリッスンはここです。インターナルサイドチェイン(内部でコンプレッサーのトリガーとなる周波数の上下を制限する)がどのような音になっているかを確認することができます。
これを応用すると、サシスセソの音を抑えるディエッサーとなります。 ディエッサーのプリセットを選んでキーリッスンをONにすると、この機能が理解できることでしょう。

Studio Oneのキーリッスン

その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: