PreSonus Studio OneStudio One の使い方メモ〜PreSonus Studio One DAW TIPS〜

 Studio One の使い方・メニュー表示はここをクリック

 Studio One の使い方・サイト内検索がおすすめです:

Studio One で再生/停止する

DAWの再生/停止は基本技ですが、なかなか奥が深いです。

基本的には画面の一番下のボタン群で制御します。

画像のボタンの数字が、下の解説に対応しています。[ ]の中がショートカット です。

Studio One
  1. 前のマーカーへ移動[shift+B]・・・マーカーについてはこちら
  2. 巻き戻す
  3. 早送り
  4. 次のマーカーへ移動[shift+N]
  5. ゼロに戻る[テンキーの.(ピリオド)」
  6. 停止[テンキーの0(ゼロ)]・・・二回このボタンを押すとゼロに戻ります。Mackie Contorol対応などのフィジカルコントローラーを使う場合も同様です。
    なお、停止時、再生位置が停止時で止まるか、再生開始時点に再度戻るか、は、上のトランスポート>オプション>停止時にスタートに戻る で設定可能です。
  7. 再生[Enter]・・・Macの日本語キーボードにEnterキーはない(Returnとは別)なので、実際はfn+Returnで動作します。
  8. 録音[テンキーの*(アスタリスク)]

ショートカットキーをカスタマイズしたい場合

ノートの場合はテンキーがないですから、こちらを参考にカスタマイズ好きなようにしましょう。

スペースキーを使うのが一番簡単

FaderPortも持っているものの、結局再生停止にはスペースキーを使うのが一番多いです。

スペースキーで再生/停止ができます。

 

その他・再生・停止・移動に関する設定

再生・停止・移動についてはとても奥が深いです。いろんな設定方法があるので、こちらのトランスポートの設定まとめをご参照ください。
複雑なことがいろいろできますが、その分理解が進むと、素早く狙い通りの操作ができてストレスがなくなります。

再生できない?

再生できない場合のまとめ

録音できない場合のまとめ


その他のPreSonus Studio Oneの使い方メモはこちら

 Studio One の使い方:各カテゴリーにジャンプします。

 内容が膨大になってきたので、サイト内検索がおすすめです: